記事
  • SmartFLASH
  • 2020年10月22日 20:47 (配信日時 10月22日 20:00)

山里亮太「『Qさま』やめたかった…」相方とも不仲で「地獄に」

 南海キャンディーズ・山里亮太が、10月19日放送の『さまぁ~ず論』(テレビ朝日系)で、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(同局系)出演時代の葛藤を語った。

 若手時代、バラエティ色が強かった『Qさま』に出演していた山里は、「『Qさま』やってるとき、むちゃくちゃ日々つらかった。正直『Qさま』ずっとやめたかったんです」と告白。

 司会のさまぁ~ずと優香、レギュラーとしてアンタッチャブル、ロバート、青木さやかなどがいるなかで、新レギュラーとしてコンビで参加。

 山里は「僕らはM-1でバーンと出てきて、会社も『今が押しどきだ、面白い番組入れときゃいい』って、吉本興業のゴリ押し。だって、途中参加ありえないですから。チームできてましたからね」と回想する。

 山里によると、当時の『Qさま』で、南海キャンディーズのロケVTR後に、さまぁ~ずの2人が「面白い」と言ったことがないという。アンタッチャブルのようにスタジオを盛り上げられるわけでもなく、「やっぱダメなんだ。面白くないんだ」と思い込んでいた。

 さらにボケ続けるタイプではない相方のしずちゃんに対して怒りがわき、コンビ仲も悪くなり、「地獄でした」と回想した。

 三村マサカズが「南海キャンディーズに期待してなかった」とぶっちゃけて当時を回顧すると、山里は「ダメージでかい」と苦笑していた。

 複雑な心情を明かした山里に、SNSにはさまざまな意見が書き込まれた。

《プレゼン時代のQさまは面白いからじゃなくそうするべきって決まってるからって理由でしずちゃんを持ち上げ山ちゃんを下げるみたいな、これやったせいでつまんない、進行の妨げになってる、でも山ちゃんはとりあえず虐めとく、みたいなのあったよな》

《さまぁ~ずのお二人と南キャン山ちゃんとか、なんて胸アツな組み合わせかね》

《山ちゃんの苦悩と、さまぁ~ずのTVでの距離感が,どちらも面白いです》

「『Qさま』では、しずちゃんのみレギュラーで、山里さんはサブメンバーとして扱われた時期もありました。

 番組ではコンビの『解散ドッキリ』企画もありましたが、当時はしずちゃんが映画『フラガール』に出演して、女優としても頭角を現していた時期。山里さんの嫉妬はひどく、その不仲さが見えたことで、ドッキリを超えたドキュメンタリーに近い内容となりました。

 もちろん、現在のコンビ仲は良好。山里と蒼井優夫婦を取り持ったのがしずちゃんですからね」(芸能ライター)

 人間関係は、喜怒哀楽、さまざまな経験を乗り越え、絆が芽生えていくものなのだ。

あわせて読みたい

「山里亮太」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。