記事

わいせつ教員を許すな!戻すな!動け、教育委員会。

1/2
先月、児童生徒への猥褻行為などで懲戒免職され教員免許を失った教員について、処分歴などの閲覧期間を現行過去3年から40年に延ばすと発表しました。

わいせつ教員処分歴の閲覧、3年から40年に延長 文科省(産経新聞)

政府を動かしたのは、時に心が折れそうになったに違いない被害者とその保護者の根気強い働きかけの賜物であったといって過言ではないでしょう。

わいせつ教員の免許再交付、やめて 保護者ら5万人署名 (朝日新聞)先月、児童生徒への猥褻行為などで懲戒免職され教員免許を失った教員について、処分歴などの閲覧期間を現行過去3年から40年に延ばすと発表しました。

わいせつ教員処分歴の閲覧、3年から40年に延長 文科省(産経新聞)

政府を動かしたのは、時に心が折れそうになったに違いない被害者とその保護者の根気強い働きかけの賜物であったといって過言ではないでしょう。

わいせつ教員の免許再交付、やめて 保護者ら5万人署名(朝日新聞)

子どもの命、健康、人生、心身の人権を守ることはお姐にとって、ど真ん中の政策であります。
学校現場で発生し続ける教員による「不適切指導」と最も闘っている女性地方議員と言って、コレマタ過言ではございませぬ。よって、文書質問や独自調査にて定点観測を地道に続けておりましたので、耳目が集まっていることから、東京都の「わいせつ教員」についてご報告させて頂きたいと思います。

【東京都教職員の懲戒及び免職(クビ)処分の実態】

まず、過去3か年の懲戒処分(早く言えば、給料カットや口頭注意等クビではない処分)の件数と学校種別内訳は以下の通りでございます。

★懲戒処分対象事故の主な内容とその件数★

●平成28年度 
わいせつ行為等25件
体罰42件 
教科書発行業者との不適切な接触等22件
通勤手当の不正受給等14件

●平成29年度
わいせつ行為等17件
体罰22件
個人情報の不適切な取扱い13件 通勤手当の不正受給9件 

●平成30年度 
わいせつ行為等30件
体罰16件 
個人情報の不適切な取扱い12件 
通勤手当の不正受給13件

★過去3か年の懲戒免職処分(早く言えばクビ!!)の件数と学校種別内訳★

懲戒免職処分対象事故の主な内容とその件数は…

●平成28年度
わいせつ行為等16件
窃盗3件

●平成29年度
わいせつ行為等9件
窃盗3件

●平成30年度
わいせつ行為等21件
窃盗5件

★教育職員免許状の失効・取上げ件数★
平成26年度 失効14件 取上げ2件
平成27年度 失効18件 取上げ3件
平成28年度 失効18件 取上げ5件
平成29年度 失効16件
平成30年度 失効30件 取上げ2件

*****
とんでもない数字に児童生徒の皆さん、保護者の皆様、都民の皆様はたまげていると思います。
そもそも「わいせつ行為」で減給や注意で終わるのとクビになるものと別れていることが不思議でなりません。「わいせつ」やったら一発でクビ&免許はく奪、一生学校に戻すな!!が庶民感情であろうし、何より子どもを守る一里塚ではありませんか?

一体だれがどうやって、クビの「わいせつ」、説教で終わる「わいせつ」を決めているのか?!

これら処分の根拠となるルールがなかなか都民は預かりしらぬところでありましたが
「東京都教育委員会では、教職員による体罰、わいせつ行為等の非行に対しては、学校教育の信頼を失わせる行為として、懲戒処分をもって厳正に対応してきました。しかし残念ながらこうした非行は後を絶たず、その数は年々増加の一途をたどっています。
こうした状況を踏まえ、教職員の更なる自覚を促し、服務規律の徹底を図るため、このたび、多くの非行事例に対応した処分量定を示すとともに、処分量定の決定や加重する際の考え方を明らかにしました。」
と、以下で「情報公開」しております。
教職員の主な非行に対する標準的な処分量定
が、
「強制わいせつ、児童ポルノの製造・所持・提供等、公然わいせつ、住居侵入(わいせつ等目的)、のぞき、下着窃盗、痴漢行為・盗撮等の迷惑防止条例違反、青少年健全育成条例違反、ストーカー行為等の規制等に関する法律違反等(未遂を含む。)を行った場合」にようやくクビになるわけで、これって当たり前やろ…って話で、児童生徒が「わいせつ」だとわからない場合や、ここまで極端ではなくLINEでシツコクくどく、性的な画像を送るなどはグレーな「裁量権」に委ねられているのが実態です。

【独自】懲戒処分のわいせつ教員、半数がSNS悪用…教え子を誘う・好意伝える(読売新聞)

性的描写メール40通送付→停職1年
生活指導とLINEして呼び出し抱きつく→停職3ヶ月

軽過ぎです。児童生徒を性的対象とし、SNS含め行動を起こした時点で懲戒免職にすべきではないでしょうか。
国民感情も高まっている中

わいせつ教員、原則懲戒免職に 全国の教委で規定化へ(日経新聞)

このような動きが政府でも出てきていることから「一発アウト」にしていく組織体制が急がれます。

あわせて読みたい

「わいせつ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。