記事

学術会議問題で映画監督の森達也さん



 学術会議任命拒否問題の第七回野党合同ヒアリング。映画監督の森達也さんから、これを放置すれば「政権による表現や言論への介入はさらに露骨になる」とした映画人有志の会の抗議声明について聞きました。

 レッドーパージでハリウッドが標的にされた歴史について語りながら、本来、表現の場で意思表示する映画人が、こうした直接の声明を出したのは、今回はいくらなんでもひどすぎるという思いからだと危機感が語られました。

 引き続く政府からのレクでは、事実上の解釈変更をした2018年の学術会議事務局が法制局と協議した作ったとされる文書について、誰が、どういう必要性から、いつ誰に指示をしたのかなどの基本的事実関係を聞いても、前回同様「確認中」の回答で、まったく前に進みません。

 国会答弁を覆すような文書を作って実行しながら、国会にまったく説明しないのは国民主権への冒涜と言わなければなりません。参加議員からは厳しい意見が出され、必ず資料を提出するよう強く求めました。菅総理はいったい、どう説明するつもりでしょうか。説明する気はなく、押し切るつもりでしょうか。それではとうてい国民は納得しないでしょう。

あわせて読みたい

「日本学術会議」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。