記事

「R-1」の赤パッケージ 白が基本のヨーグルトでは異例だった

前例のないパッケージカラーを採用したワケとは

 食品メーカーにとって、商品パッケージにどんな色を使うかは、重要な販売戦略である。パッケージの色ひとつで、商品の売れ行きが大きく左右されることもあるのだ。

【写真】プルタブ式、濃い青色で、細い245ml缶の発売当初の「ポカリスエット」

「腐敗」をイメージさせる色として、食品関係に寒色の青を使用するのはタブーである──そんな業界の常識を覆したのが、1980年に発売された大塚製薬の「ポカリスエット」だった。

 あえて青を採用したのは、ポカリスエットが水分や電解質(イオン)補給の飲料というコンセプトをクールでシンプルに体現するためだった。生命のルーツである海の青と波を表わす白を用いたデザインは、現在多くの人々の支持を得ている。

 245ml缶で発売されたポカリスエットだが、初年度は消費者に受け入れられず、体感してもらうためにあらゆる発汗シーンで3000万本ものサンプルを配布した。現在のスタイリッシュなデザインは、2016年にグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した。

 一方、“ミルク”のイメージから“白”のパッケージが多いヨーグルトにあって、ひと際存在感を示すのが明治プロビオヨーグルト「R-1」だ。

 6000種以上の乳酸菌から選び抜かれた1073R-1乳酸菌を使用したヨーグルトで、2009年に発売。それまでにない健康価値を打ち出すため、パッケージに赤を採用。商品の性質が広く知られると、店頭から商品がなくなるほどの売れ行きとなった。

 ドリンクタイプは、ドリンクヨーグルト市場で累計販売金額国内1位を記録(インテージSRIドリンクヨーグルト市場2018年8月~2019年7月累計販売金額)している。

※週刊ポスト2020年10月30日号

あわせて読みたい

「明治」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  8. 8

    張本氏 坂本勇人は図に乗ってる

    文春オンライン

  9. 9

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    コロナ起源は輸入冷食 中国主張

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。