記事
  • ロイター

11月の独消費者信頼感指数は-3.1、予想下回る=GfK


[ベルリン 22日 ロイター] - ドイツの市場調査グループGfKが発表した11月の独消費者信頼感指数はマイナス3.1と、前月のマイナス1.7(改定値)から悪化した。予想のマイナス2.8も下回った。

新型コロナウイルス感染拡大の第2波に対する懸念で個人消費が冷え込んだ。

GfKのロルフ・ビュルクル氏は、国内で新型コロナの感染者数が急増し、ロックダウン(都市封鎖)再導入への懸念が高まったことで、楽観的な見方が消えたと指摘。「初夏以降のセンチメント回復は行き詰まり、消費者の環境は再び悪化した」と述べた。

消費者心理の悪化は主に経済や所得への見通し悪化と、貯蓄性向の上昇によるものという。ビュルクル氏は「消費者は明らかに、感染者数の増加が独経済の早期回復の足かせとなるとみている」とし、今後数カ月間の消費者心理の回復は新型コロナの感染率次第だと指摘した。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。