記事
  • ロイター

22日の日経平均は反落、円高が重し


[東京 22日 ロイター] -

日経平均<.N225>

終値      23474.27 -165.19

寄り付き    23525.59

安値/高値   23,436.17─23,555.78

TOPIX<.TOPX>

終値       1619.79 -17.81

寄り付き     1627.92

安値/高値    1,617.26─1,628.27

東証出来高(万株) 86317

東証売買代金(億円) 17740.73

東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株式相場の下落を受けて朝方から幅広い業種で売りが先行、後場には一時200円を超えるマイナスとなった。日銀によるETF買いが行われたとの思惑から下げ幅は縮小したが、前日に比べてドル/円相場がやや円高に振れていることも相場の重しとなった。ただ、企業決算発表などを控え様子見気分も強く、全体としては方向感に欠けた。

TOPIXは1.09%安で取引を終了。東証1部の売買代金は1兆7740億円と9営業日連続の2兆円割れとなった。東証33業種中、非鉄金属、ゴム製品、パルプ・紙以外の30業種は値下がり。空運業、医薬品、電気・ガス業などが値下がり率上位に入った。

市場からは「東証1部の売買代金は連日2兆円割れと薄商いが続き、方向感を欠く展開となっている。企業決算を月末に控え、様子見姿勢が強くなっているようだ」(野村証券 投資情報部投資情報二課・課長代理、神谷和男氏)との声が聞かれた。ドル/円が円高に振れていることも嫌気され、「このまま104円台が続くともう一段円高が進むリスクもはらみ、(日経平均は)為替相場が意識されやすい水準にある」(同)という。

個別銘柄では、ANAホールディングス<9202.T>がさえない。2021年3月期連結純損益が5000億円規模の最終赤字になる見通しと伝えられたことが材料視された。旅客需要の減少が続いていることから、日本航空<9201.T>も売られた。関連して、東日本旅客鉄道<9020.T>、西日本旅客鉄道<9021.T>も安かった。

東証1部の騰落数は、値上がり388銘柄に対し、値下がりが1730銘柄、変わらずが62銘柄だった。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。