記事
  • ロイター

米大統領選、バイデン陣営が弁護士の献金で大きく優位


[21日 ロイター] - 米連邦選挙委員会(FEC)のデータを基にしたロイターの分析によると、大統領選の与野党陣営が昨年1月1日から今年8月末までに集めた選挙資金のうち、弁護士を職業とする人の献金は民主党のバイデン前副大統領の陣営がほぼ2900万ドルだったのに対し、共和党のトランプ大統領の陣営は175万ドル弱と、大きな差が見られた。

トランプ陣営の外部法律顧問として多額の収入を得ている法律事務所ジョーンズ・デイの弁護士らも、バイデン陣営に9万ドル近くを献金し、トランプ陣営への献金は50ドルにとどまった。

トランプ氏や同氏の選挙陣営を担当する他の法律事務所の弁護士の間でも、バイデン陣営への献金が大幅に上回った。

バイデン陣営の外部法律顧問を務める法律事務所コビントン&バーリングの弁護士らは同陣営に24万0563ドルを献金。トランプ陣営への献金はゼロだった。

このデータは法律事務所としての献金ではなく、FECに対して職業を「弁護士」と明かした個人の献金を反映したもの。両候補の主要選挙運動委員会が9月20日にFECに報告した12万件超の献金に関するデータをロイターが分析した。

FECの記録によると、ジョーンズ・デイの弁護士はバイデン陣営に約8万9487ドルを献金した。同事務所はトランプ陣営の外部法律顧問として昨年以降450万ドル以上の収入を得ている。

同事務所の弁護士2人は匿名を条件に、バイデン陣営に献金した理由について、同氏の政策のほうを支持しており、同僚からトランプ陣営への献金を促す圧力もないためだと語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  5. 5

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  6. 6

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  9. 9

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。