記事
  • ロイター

台湾国防相「中国との軍拡競争志向せず」、米国の武器売却承認で


[台北 22日 ロイター] - 台湾の厳徳発国防部長(国防相に相当)は22日、 米当局が台湾への武器売却を承認したことについて、信頼の置ける戦闘能力が必要なためと説明した上で、中国と軍拡競争をする意図はないと述べた。

米国防総省は21日、国務省が台湾へのミサイルなど3種類の兵器システムの売却を承認したと発表した。総額18億ドルに上る可能性がある。

国防部長は米国に謝意を示し、台湾が防衛能力を高め「敵の脅威や新たな状況」に対処する上で役立つと指摘。記者団に対して「米国がインド太平洋と台湾海峡の安全保障を重視していることの現れだ。台湾は引き続き米国との安保上の連携を強化していく」などとコメントした。

中国の反発が予想されることについては、国防部長は対立は望んでないと強調。「中国共産党と軍拡競争をするつもりはない」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。