記事

ほんこん、政治的発言は「疑問をぶち上げているだけ」 発信する理由と本音

●芸能人の政治的発言「責任と根拠に基づいて言わなあかん」

近年、政治的発言も注目を集めているお笑い芸人のほんこん。「この国をより良い国にするために、僕はおかしなことはおかしいと遠慮なく発信していきます」と強い信念を持つほんこんに、政治的発言をする思いやニュースを見る上で大切なことなど、話を聞いた。

9月に刊行した『コロナと国防 ~ちょっと待て、こんな日本に誰がした!~ 』は、前著『日本のミカタ』同様、ほんこんが「ちょっと待て!」と日本が直面する課題に正論で議論を呼びかけるスタイルは健在で、今回はタイトルにあるように“コロナと国防”がメインテーマだ。

新型コロナウイルスの感染拡大の中、それと同じように広がっている国内のさまざまな問題に、ほんこんなりの視点で切り込み問題提起。具体的な対策が打てない政府と批判ばかりの野党をはじめ、“表現の自由”を掲げて不勉強な情報を拡散する芸能人など、その対象は広い。

ほんこん自身もSNSで政治に関する発信を積極的に行っており、言いたいことも山ほどあってさぞかし刊行したかったに違いないと思っていたら、「いや、『書きませんか?』って来たからですよ」と意外にも受け身の姿勢。

「1冊目(『日本のミカタ』)の時もそうで、僕から本を書こうと言ったことはなく、頼まれたからです。自分から進んであれこれしたいタイプではないし、物事は頼まれた方がスムーズにまとまるものじゃないですか(笑)」と話す。

とはいえ、「書籍化は記録に残るからいいよね。偉そうやけど、これが教科書になって、みんなで危機管理ができたらええなあ」と野望は大きく、「この本はニュースの見方が変わりますよ。情報を自分の気持ちで全部を信じるなと。信じ込むのもええねんけど、疑った目で見たほうがいい。だから、この本も信じるなということなんです。自分で調べるということがいかに大切かということに気づいてくれたら僕はうれしい」とメッセージを投げかける。

情報をうのみにしたことで起こった象徴的な出来事の一例が、今年、主に芸能人の間で広がった、検察官の定年を65歳に引き上げる法改正案に対して抗議するハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」だったとほんこんは言う。

「僕は芸能人も政治的発言をしたらよろしいと思っていますが、あれは違っていたから炎上するんですよ」と指摘し、「黒川検事総長のタグ付け騒動は、自分で調べてないから何の根拠もないわけじゃないですか。検察の人事は内閣がするんでしょ? 芸能人の発言は大いにけっこうやで。ただ、責任と根拠に基づいて言わなあかん。あんなもん、のせられているんですよ」と語る。

●仕事が減る恐怖を感じるも「とことんやってやろう」

しがらみの多い世界で、正論や本音を言い続けることに不安はないのか尋ねると、「仕事が減るという恐怖はありますよね(笑)」と本音も。

「僕の場合は吉本に所属させてもらってますから、大阪の番組や舞台があるけれど、東京の地上波はやいのやいの言われるの嫌なんでしょう。戦後のマスコミにいろいろな人が入っていることも関係しとるんでしょう。仕事がなくなるから、食べていかなという思いもあるけど、どうせ地上波離れるなら、とことんやってやろうかと思います(笑)」と腹をくくる。

とはいえ、「しんどい時もありますよ(笑)」とまたしても本音を吐露。

「なんでうまいこといかへんねん、みんな仲ようやれやって(笑)」と打ち明け、「誰かにSNSで叩かれるとしんどいって感じますし、自身が見なければわからないことも、一個見てしまったらみんなが言うてると勘違いもする。それで亡くなられる方もいるので、本当にかわいそう。そこは、うまいことSNSと付き合わなあかんなと思います」と語る。

また、「とことんやってやろう」と腹をくくりつつも、そもそも前提として、声高に政治的発言ばかりしているつもりはないと本人は言う。「僕の中では仕事の一環。お笑いの仕事と何ら変わらないんです。やっていたら面白かった。そういう発言をすると、賛同を得ることが多々あったんです。代弁というか、自分がほんまに気づいている『おかしいやないかお前ら!』という疑問をぶち上げているだけなんです」

コロナ禍のお笑いについても持論を展開。「エンタメは保障なんか求めるなと。申し訳ないけど、好きで選んだ道じゃないですか。売れてなんぼ、売れなくてなんぼ、そのまま終わる世界。だってわたしはものひとつ作れませんよ。人を笑かすことしかできひん。それでお金をもろうてるだけじゃないですか」と厳しい意見を持ち、「ただ、わしらに関わった舞台裏の人たちは助けてほしい。わたしらは、まあいいわ。売れてない奴がかわいそう? 入った時は同じなんで、リスクは一緒じゃと。かわいそうと思う人が面倒みたら? と。僕はそういう気概でやってますんで」と続ける。

その一方、「たぶんこのまま終わってしまうとは思っていない」とも。「コロナについては、だいぶわかってきたじゃないですか。どういう状況で感染するのかとか。高齢者と基礎疾患がある人に気をつけて、経済を回していったらええですよ。人はコロナウイルスでも死ぬけれど、経済が立ち直らないと大変なことになるぞ。そういう線引きを政治がちゃんとやってほしい」と訴える。

冒頭で、仕事は待っているタイプと言っていたほんこん。今何でもやっていいと言われたら、「人情喜劇。舞台が一番したい」そうで、「自分で舞台に立って、1カ月公演とかやりたい。じいちゃん、ばあちゃん、同年代、ちょっと下の世代に日本のええとこ、情けとか教えたい。僕ら教えてもらったでしょう?人様に迷惑をかけるなと。それがまさに菅総理の言う自助じゃないですか!」と熱く語る。

そして、「吉本興業さんに頼んでいるんですけど、『舞台はお金がかかりますので』とか言われて!」と、実は会社に提案していたことを告白。

「あ、それは頼んでるんです。待ってなかったですね(笑)」と自分の発言にツッコミを入れつつ、「めっちゃやりたいんですよ。テレビもあるけれど、舞台は面白い。幕が開く緊張感ね。全国でキャラバンですよ。地方再生もできる。これに国の予算つけてくれへんかな。『お前は国の犬や!』言われていたので、だったら予算つけてくれ(笑) 笑いは免疫もつくので!」と舞台と笑いの重要性を強くアピールした。

■ほんこん
1963年6月16日生まれ、大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業所属。NSC4期生。板尾創路との漫才コンビ130Rおよびピン芸人として、バラエティ番組や吉本新喜劇などで幅広く活躍中。近年は『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(朝日放送)など情報番組のパネリストとしても注目を集め、最近ではYouTubeチャンネル「ほんこんのちょっと待て」での独自の視点と発言も話題を呼んでいる。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。