記事

規制改革で重要なポイントは立証責任と期限だ。 - 10月22日のツイート

医薬品販売規制で河野行革相「店で判断すべきだ」 厚労省に緩和促す http://a.msn.com/01/ja-jp/BB1afSRr?ocid=st2…
→規制改革で重要なポイントは立証責任と期限だ。規制をする側にその必要性と理由の立証を求める。期限内に立証できなければその規制は無効化する。これを菅総理の大号令の下、菅政権の大原則とすべきだ。

これまでは規制緩和の要望側が、緩和しても大丈夫な理由を立証しなければならなかった。大丈夫な理由は悪魔の証明で、難癖を付けられれば大丈夫とは言い切れなかった。また期限を設けないと役所は時間切れを狙い、議論を引き延ばす。規制側への立証責任と期限がポイント。

※この記事は橋下徹元大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン
【ご購読はこちらから→】http://hashimoto.president.co.jp/
橋下徹と直接議論できるサロン『橋下徹の激辛政治経済ゼミ』
【お申込はこちら】→橋下徹の激辛政治経済ゼミ

あわせて読みたい

「行政改革」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。