記事

マスク有効性 ただあくまでも物理的防護 感染防護や免疫は別 でも感染者のマスクの有効性が証明されたのはいい話

日本のウイルス学第一人者の東京大医科学研究所の河岡義裕教授がマスクの有効性の論文を発表しました。

>非感染者がマスクを着けなかった場合のウイルス吸い込み量は、感染者がサージカルマスクか綿マスクを着けると、着けなかった場合に比べ20~40%に抑えられた。感染者の使用が想定されていないN95マスクではほぼ0%だった。

>感染者がマスクを着けなかった場合、非感染者がサージカルマスクを着けたときのウイルスの吸い込み量は、着けなかった場合に比べ50%程度、綿マスクでは60~80%だった。N95マスクでは10~20%まで抑えられた。

両方が綿マスクを着けると、両方着けなかった場合に比べてウイルスの吸い込み量は30%程度、サージカルマスクでは20~30%程度だった。

とてもわかりやすい引用記事です。そうこの記載内容は物理的なウイルス防護実験を実際のウイルスを使い、呼吸という環境を再現して実施解析したモデルです。細かい点は現実に即していない点も当然あるでしょうが、本当にとてもいい資料となります。そして一番大切なポイント、感染者がマスクをする重要性です。

マスクでインフルエンザは防護できなかったという昔の感染に関する論文があります。つまり非感染者がウイルスを物理的にマスクでブロックしても感染はそこまで防げなかったという事実です。そう非感染者がマスクをしてウイルス量を結果半分に減らしても感染はそこまで防げなかったという結果です。

だからこそ感染者、特に症状がないと思われる感染者がマスクをつける、全員がマスクをつけるユニバーサルマスクを行うことで20~30%(~40%)までウイルス量の取り込みを減らすことができるということがコロナ感染を減らしている可能性があるのです。

>実際に感染を引き起こすかは解析が必要

そうこれがあるからまだマスクが本当に必要なのかは意見が分かれるのです。それでも今までわかっていること

1 ウイルス量が多い患者は重症化しやすい(論文)
2 症状が出ていない人もウイルスを撒き散らし感染させる(論文)
3 取り込むウイルス量で感染するかどうかは決まる(教科書一般的)
4 取り込むウイルス量で重症化するかどうかは決まる(動物実験論文)(エビデンスまだ弱い)
5 マスクをしていることで?日本は欧米に比べて爆発していない(仮説)(観察事実)

そしてこのウイルスはインフルエンザに比べて外界での生存期間が長いようです。だからではないですが適切なマスクの使用(ユニバーサルマスクと3密予防、手洗い、アルコール消毒も)はインフルエンザが流行しやすいこの季節にコロナ予防含めてお勧めします。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  5. 5

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    勝ち組のJAL 明暗分けた財政戦略

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。