記事

菅総理、初外遊は「消去法と前例踏襲」南シナ海巡り“板挟み状態”対中国はどうなる?

 21日、菅義偉総理が初の外遊となったベトナムとインドネシアの訪問を終えた。

【映像】新型コロナ感染者がアジア最多のインドネシア 異例対応の首脳会談

 菅総理は、ベトナムのフック首相、インドネシアのジョコ大統領らと会談。日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋構想」に向けた連携を確認した。

 今回が初の外遊となった菅総理。会談終了後の菅総理の会見を聞いたニュース番組「ABEMAヒルズ」のコメンテーター、ニューズウィーク日本版編集長の長岡義博氏は「会見冒頭の発言を聞いていると、とても中国を意識しているように感じた。法の支配や透明性、南シナ海の(中国が主張する領有権など)力による現状変更の反対など、中国の国名は出してないが、明らかに中国を意識している」と語る。

「外遊自体のキーワードは“消去法+前例踏襲”。前例踏襲というのは、安倍前総理の第二次政権の外遊スタートがやはり東南アジア訪問だったから、そこをなぞったのではないか。消去法というのは、日本の総理になるとまずアメリカに行くパターンが多かったが、今はアメリカ大統領選の真っ最中で無理。中国の選択肢もあったが、習近平主席の訪日が宙に浮いてしまっている。韓国という選択肢も考えられたが、徴用工の問題がくすぶっている。そこでリスクを取らずに、前例踏襲で安倍総理と同じ東南アジアを選んだのではないか」

 アジアとヨーロッパを陸路と海上航路でつなぎ、貿易を活発化させたい中国の「一帯一路構想」に対して「自由で開かれたインド太平洋構想」を提唱する日本。長岡氏は菅総理の今回の初外遊にあった狙いを指摘する。

「『自由で開かれたインド太平洋構想』は中国に対抗する枠組みだが、この構想の中心になるのが、日本も参加しているクワッド(日本・アメリカ・オーストラリア・インド間の安全保障の枠組みのこと)だ。ここにインドネシアとベトナムに加わってもらいたい思惑が、今回の訪問にあったのではないか」

「一方で、東南アジアの国は中国と深い経済関係を持っていて、日本がこちらを向いて欲しいと言っても、必ずしも向いてくれる関係ではない。たまには中国にいい顔をしながら、日本にもいい顔をする関係。こちらを向かせるのはなかなか簡単ではない」

 中国とアメリカの“板挟み状態”の日本。日本が今後どのように中国と向き合っていくのか、決断を迫られている。

(ABEMA/「ABEMAヒルズ」より)

▶︎映像:大きなアクリル板、インドネシア側はフェイスシールド(首脳会談の様子)

あわせて読みたい

「日中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  10. 10

    政府の五輪感染対策に批判殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。