記事

「著作権の認識が薄く、想像力が働いていなかった」炎上した元銭湯絵師見習い・勝海麻衣さんと考える“パクリ”問題

1/2


 絵画や彫刻、映像作品、さらには広告デザインまで、度々論争を巻き起こす、創作物の“パクリ”問題。

 モデル、銭湯絵師見習いとして注目を集めていたアーティストの勝海麻衣さんは昨年、イベントで描いた2匹の虎ののライブペインティングが既存の作品と構図やモチーフにおいて酷似していると指摘され炎上。所属事務所が「作品の構図をそのままに無断使用して制作を行った」として謝罪した。

・【映像】元銭湯絵師見習い 勝海麻衣さんが生出演


 今年4月、過去の過ちを胸に活動を再開した勝海さん。20日の『ABEMA Prime』に騒動後初めてメディア出演した勝海さんは「著作権のことを知っていれば当然分かることだったが、認識が浅く、色も着けているから大丈夫だと思っていた。“これをしたらどうなるか”ということまで想像力が働いていなかったと思う」と振り返る。

 「人生初のライブペインティングだったし、だ自分のスタイルを確立できていなかった。色々な作品を見て“当てはめる”じゃないけど、“今回はどういうのが合うかな”と…。動物が好きだったので動物を描くことは決めていたが、(参考にした作品が)エネルギッシュだったので、“これができたらかっこいいでしょ”と。それで“お守り”じゃないが、作品を握って制作に挑んだ。直接トレースはしていないが、こういうイメージだったら喜ばれるだろうなと構図を意識し、参考にして描いた。問題になってから事の重大さに気づいて、“大変なことをしてしまった”と思った。自分の立場をわきまえず、まだ学生の範囲内というか。本当に浅はかだった。大学でもオマージュやパロディの勉強はしていたと思うが、恐らく真剣に取り組めてなかったのだと思う」。


 勝海さんは騒動後、参考にした作品「HUM」「A」の作者で、イラストレーター猫将軍さんの元へ謝罪に出向いたという。取材に対し猫将軍さんは「正直言うと、当初は怒っていた。ただ、私がいる関西へ謝罪に来てくれた。そこで彼女の絵描きへの熱意も感じた。今は怒りの感情はなく、再起を応援したい。これから自分の色を出して頑張ってほしい」とコメントしている。

 猫将軍さんとの対面について、「寛容に許してくださった」と、涙ながらに語った勝海さん。「休学中ではあるが、学生として著作権のことは引き続き勉強して、問題を起こしたことを払拭できるくらい良い作品を作るために、これから一歩ずつ歩んでいこうと思う。この場を出させていただいたことに感謝しつつ、これからも頑張っていこうと思う」と語った。
 

■インスピレーション、パロディ、オマージュ…法的に問題となる境界線は?


 一方で、インスピレーションやパロディ、オマージュと呼ばれる、模倣に当たらないとされるケースもある。

 アート分野の法務の第一人者である小松隼也弁護士は、法的な観点から「パッと見て特徴的だと感じる部分を真似てしまうことで著作権侵害に当たるという考え方になっている。例えば『鬼滅の刃』の主人公のアザや髪型、攻撃シーンは独創的と言えると思うが、服の市松模様はありふれたものなので、そこは真似ても大丈夫だろうということになる。また、真似された側の作家さんが“問題ないし、面白いからいいんじゃないか”ということであれば、法的に問題はない」と説明する。


 その上で、勝海さんのケースについては「例えば神社の狛犬を真似た場合なら、ありふれていて創作性はないので著作権侵害にはならないと考えられるし、猫将軍さんの作品の虎の向きや腕などの構図がありふれた表現ではなく、創作性が認められれば、無断で真似ることで著作権侵害に問われる可能性はある。仮に勝海さんの描いた虎が人間のようになっていて正拳突きや回し蹴りしているというようなことであれば、創作的な部分があるとして法的にはOKということになるのではないか」とした。


 ただし、ネット上には「自分で生み出せないのはクリエイターじゃない」「他人が作ったモノにただ乗りしているだけ」「罪悪感ないの?人としてのモラルを疑う」と、道徳やモラルの観点から厳しい指摘が寄せられることもある。

あわせて読みたい

「著作権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。