記事

内田樹さん×鈴木耕さん:(その1)日本が主権を取り戻さない限り、沖縄の基地問題は解決しない - マガジン9編集部

1/3


憲政史上最長の7年8カ月続いた安倍前政権は、全国の米軍専用施設の約7割が集中する沖縄に対して、非常に冷淡な政権だったといえます。選挙や県民投票で何度民意が示されても、それを無視するようにして辺野古や高江の基地建設が進められてきました。菅新政権の成立から1カ月、「安倍後」の沖縄はここからどうなっていくのか、基地の問題を解決していくには何が必要なのか。連載コラム「言葉の海へ」でおなじみ鈴木耕さんが、思想家の内田樹さんと語り合いました。

裏切られた「祖国復帰」

鈴木 私は沖縄が好きで、毎年、1、2回は通っているのですが、沖縄に行くと必ずと言っていいほど訪れるのが、本島最北端の辺戸岬です。ここは日本本土に一番近いところで、「祖国復帰闘争碑」という碑が建っている。その碑文がとても熱いんですね。沖縄の苦しさ、悲しみが凝縮されているように感じます。

 ご存じのように沖縄は1952年のサンフランシスコ条約で本土から切り離され、その後、瀬長亀次郎さんらを先頭に祖国復帰運動が盛り上がり、72年に佐藤・ニクソン会談を経て祖国復帰が実現するわけです。

 しかしそれは、沖縄の人々が長い間求めていた形とはあまりにかけ離れていた。彼らが望んだ「祖国復帰」とは、アメリカの軍政から脱却し「日本国憲法下に復帰したい」ということであったはずです。でも実際にはそうならなかった。復帰しても基地はそのまま、そこには日本国憲法は適用されない。その悔しさ、痛恨の思いがこの闘争碑に込められているように感じます。

内田 1952年から72年の間の沖縄は、「法の支配」が行われない、一種の無法状態だったと言えます。キューバのグアンタナモ米軍基地(※)は今も米軍の軍政下にあって、国際法もアメリカの国内法も適用されない。だから、テロリスト容疑者の監禁や拷問に「活用」されてきました。沖縄は返還までは「東アジアのグアンタナモ」のようなものだったと思います。ですからアメリカ軍政下から脱して、「祖国」に復帰するというより、もっとリアルに「法治」体制のもとで暮らしたいというのが、沖縄の人々の願いだったのではないでしょうか。

 当時の沖縄の人々にとっての「祖国」というのは、一種のイリュージョン(幻影)であって、それほどのリアリティがなかったのではないかと思います。実際、戦前でも沖縄から本土に旅行した人はそれほど多くなかったでしょうし、軍政下の沖縄では出入りにはパスポートが必要だった。沖縄の一般市民が戦後日本社会の実相を見る機会はほとんどなかったと思います。沖縄の「祖国復帰」の思いを駆動していたのは、現実の日本社会に対するあこがれや祖国への帰属感などではなく、「法の支配が通用するまともな国で暮らしたい」というはるかにリアルで切実な願いだったのではないでしょうか。

※キューバ国内にある米軍基地。1903年にアメリカが永久租借し、それが現在まで続いている。現在、その返還を巡り両国間の対立がある。

鈴木 その通りだと思います。日本国憲法下の祖国、つまり法治国家を望んでいたわけです。沖縄では悪名高いキャラウエイ琉球列島高等弁務官(1961〜64年在任)が「沖縄に自治があるなどというのは神話だ」と発言して強圧的政治を続け、それへの反発が復帰運動につながったとも思われます。

内田 沖縄戦では日本軍に、戦後は米軍に支配され、人権を蹂躙され続けてきた沖縄の人々にとっては、見たことはないけれど日本国憲法下の社会で暮らしたいと思うのは、当然のことだったと思います。

鈴木 最初にお話ししました辺戸岬の碑は、実は復帰から4年後の76年に立てられているんですね。期待していたのに裏切られたという4年間の失望感が碑文に込められている。だからめちゃくちゃ熱い。

内田 でもその闘争碑、今は県外からの観光客も、沖縄の若い人も見に行く人がいなくなったそうですね。碑文は歴史的文章ではあっても、もう実感として胸に響いてこない。今の政権の沖縄に対する冷遇を知っている人たちは、どうして施政権返還当時の沖縄人が「日本に復帰したい」と切望したのかがわからないんじゃないでしょうか。

 ぼくも沖縄には何度か行っていますが、那覇空港に降り立った瞬間から「日本はアメリカの軍事的属国だ」ということを実感します。空港を降りてから市内までずっと基地のフェンスの横を走り、基地の中に街があり、海岸線はほとんど全部基地が占めている。日本がアメリカの属国であることが、沖縄ではダイレクトに可視化されている。

 沖縄に米軍基地を集中させているのは、戦略的な重要性があるからだけではなく、むしろそれ以上に、本土の日本人に「日本はアメリカの軍事的属国である」という真実を見せないようにするためだと思います。「日本は主権国家である」というファンタジーを信じ込ませるためには、米軍が日本の国家主権のさらに上位にあるという事実を隠蔽する必要がある。だから、逆に言えば、沖縄においてのみ日本人は日本の現実と直面することができる。

鈴木 沖縄は南国リゾートというイメージがありますが、離島は別にして、本島の海岸線はほとんどコンクリートで固められている。で、残された数少ない海岸が新基地建設工事の続く辺野古であり、最近問題になっている那覇軍港の浅瀬もそうなのですが、それらもどんどんつぶされています。

内田 ぼくも辺野古に行って、ボートに乗せてもらったんですが、ガードマンのゴムボートに追いかけられました。あんなきれいな海に土砂を放り込んで埋め立てるなんて。

鈴木 辺野古の側はかなり埋め立てられてしまいましたが、反対の大浦湾側は軟弱地盤で、もう工事は無理なのではないか、基地なんかできないのではと思っています。

内田 辺野古基地は最終的には完成しないと僕は思います。それでも、工事は続行され、莫大な予算が環境破壊のためだけに投じられる。それは辺野古基地に投じている国家予算が軍事目的ではないからです。沖縄に米軍基地を建設しているのが日本政府であり、基地建設は日本政府の主体的な政策実現であり、「日本の国家主権の発動」であるという壮大な「嘘」を維持するためです。 

「日本は主権国家ではない。だから、アメリカから国家主権と不法占拠されている国土を回復するのが日本人の最優先の国民的課題である」ということを絶対に国民に考えさせないように、歴代政権は必死でこの「嘘」を維持してきた。辺野古の基地機能のことなんか、実はどうでもいいのです。基地建設は、「辺野古に基地ができることを望んでいるのはアメリカではなく日本である。日本は自らの意志でアメリカに駐留してもらっているのだ」という国民的スケールの「ファンタジー」の維持経費なんです。

鈴木 内田さんは、辺野古と福島は相似形だとおっしゃっていますね。

内田 どちらもいったん始めた政策の失敗を政府は決して認めないという「無謬性への固執」において共通しています。政府が統御できない事態に遭遇したという事実を決して認めようとしない。「全てはアンダーコントロールである」という福島についての嘘と、「沖縄に米軍がいるのは日本政府の要請と意志に基づいている」という沖縄についての嘘は同じ構造です。

対談はオンラインで行いました。内田樹さん


あわせて読みたい

「沖縄問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    立ち食いやきそば コロナで閉店

    田野幸伸

  4. 4

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  5. 5

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  6. 6

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  10. 10

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。