記事

【コロナ禍】、全米初!マスク専門店「コビッド19エッセンシャル」チェーン展開はOK?

■アメリカ全土で新型コロナウイルスの新規感染者数が急速に増加し入院患者数も増えつつある。アメリカの1日の新規感染者数は、9月初旬には3万4,000人程度まで減少したものの、現在では5万前後で推移している。16日には新規感染者数が7万人以上になり、7月以来で最多となった。

アメリカでは今月末のハロウィンに11月末の感謝祭、そしてクリスマスにニューイヤーまで毎月、イベントが続くことになる。免疫力が落ちやすい寒い季節に空気が乾燥した時期に屋内で大勢が集まるイベントが続くことで、新型コロナウイルス感染が再び拡大すると予想されている。

感染収束のための有効なワクチンや治療薬の実用化にはまだ時間がかかるため、しばらくは感染症と付き合わなければならないのだ。

これを見越してチェーンストア展開するマスク専門店が現れた。新型コロナウイルス感染症の正式名称である「COVID-19(coronavirus disease 2019)」を店名につける店がモールに出現しているのだ。

フロリダ州マイアミにあるアベンチュラモール(Aventura Mall)やネバダ州ラスベガスのファッションショー(Fashion Show)モールにオープンしたコビッド19エッセンシャル(COVID-19 Essentials)は様々なマスクを扱うお店だ。

コビッド19エッセンシャルでは19.99ドルのキッズ用マスクから49.99ドルのキャップつきフェイスシールド、バッテリーでファンが駆動するN95フィルター付属130ドルの高額マスクまで揃っている。

コロラド州パーク・メドーズにあるコビッド19エッセンシャルではコロラド州デンバーにある全米プロバスケットボールチームの「デンバー・ナゲッツ (Denver Nuggets)」のロゴが入った24.99ドルのマスクも人気だ。

犬や猫、アルファベットのアップリケ・マスク(6ドル〜)からラインストーンを使ったデザインの「メイク・ユア・オウン(Make Your Own)」カスタマゼーション・マスクも受け付けている。

マスク以外ではハンドサニタイザーや感染対策アクセサリーもある。アクセサリーにはエレベーターのボタンやドアのノブなど表面の接触を回避できる19.99ドルの「雑菌ユーティリティフックとドア開口部ツール(Germ Key)」も販売している。

コビッド19エッセンシャルは現在、ニューヨークやニュージャージーなど8店舗の展開となっており、カリフォルニアにも近く出店予定だ。

コビッド19エッセンシャルの店名に眉をひそめる人もいる一方、入店時には感染対策として手の消毒や体温検査を徹底しているという。

アメリカではパンデミック以前、マスク着用が習慣としてなかった。マスクを着用するのは病院で手術を行う医師か、塵や埃が舞い上がっている作業現場で働く人達がするものだったからだ。花粉症が酷い人もマスクを着用することはなかったほどだ。

しかし今は多くの地域でマスク着用が義務化されているため、コロナ終息後も習慣として残る可能性がある。

富裕層を相手にするモールでマスク専門店は終息後、生き残っていく可能性があるのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。思い起こせば後藤は子供の頃から人の集まるイベントが苦手でした。父親が入っていたライオンズクラブのイベントには家族で参加するのですが、これがもう嫌で嫌で...司会者から名前を呼ばれた際「ウオォー!」と家族全員で叫ばなければならないコーナーが特に地獄でした。その時は一人、トイレにこもっていました。お酒が入って兄弟喧嘩になったり、嫁姑問題で盛り上がる?親族の集まりも嫌でした。一人の生活を全く苦痛に思わないのは、こういった過去のイベントも影響しているのかと思います。

でもアメリカで「感謝祭はゆっくり一人で過ごしている」とうっかり喋ってしまうと可哀想な人だと思われます。こちらの人は祝日等でBBQをやって、クラスターをしたがります。先日の週末でも夜遅く、マリアッチ生演奏が遠くで鳴っているのを耳にしました。こんな時期に?と思いますが、大切な人を亡くさない限り、コトの重大さを理解できない人が大勢いるのです。

そういったお国柄なのでマスク専門店「コビッド19エッセンシャル」のチェーン展開が続きそうでポップアップ事例では終わらない気がします。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。