記事

【2回目で最後の討論会】

トランプ大統領が連続で選挙集会を開いていることをback-to-back(背中合わせ)、バイデン候補との支持率の差をneck-to-neck(首の皮一枚の差)とWashington Postが表現していておもしろいと思いました。

いよいよ最後の討論会が22日に開かれます。USA Todayはこれがトランプ大統領にとってmake or break moment(のるかそるか、運命を決める場)と表現。

[画像をブログで見る](Reuters)

CNNはDebate commission announces topics for final debate between Trump and Biden(トランプ・バイデンの最後の討論会のテーマを発表)の中で、討論会を運営する委員会が22日に予定されているトランプ大統領とバイデン候補の最後の討論会のテーマを発表したと伝えています。

◾️コロナとの闘い、◾️アメリカの家族、◾️アメリカの人種、◾️気候変動、◾️国家安全保障、◾️リーダーシップの6つで、22日の午後9時から10時半(日本時間23日午前10時から11時半)までテネシー州で開かれます。

NBCテレビのジャーナリストのKristen Welkerがモデレーターを務め、前回同様、ひとつのテーマに15分ずつあて、最初に2分間、それぞれが意見を述べるということです。

USA TodayはFinal Trump vs. Biden debate: Brace for another barroom brawl despite the new mute button(トランプvsバイデン、新たな静止ボタン導入もまた酒場のカオスか)の中で、討論会を運営する委員会が項目ごとに持ち時間の最初の2分間は、相手のマイクをオフにすることを決めたことで、今回の討論会が運命を決める戦い(make or break moment)となるトランプ大統領にとって不確実性をもたらすものだと伝えています。

共和党指導部は、22日の討論会が激戦州で接戦を繰り広げるトランプ大統領にとってラストチャンスだと見ていて、マイクオフの決定についてはニューヨークのジュリアーニ元市長らトランプ側近が「不公平だ」と主張しています。

New York Timesは’Please Like Me,’ Trump Begged. For Many Women, It’s Way Too Late.(「お願いだからぼくを好きになって」とトランプが懇願するも、多くの女性にとっては遅きに失した)の中で、suburbsと呼ばれる大都市郊外に住む白人女性がトランプ大統領の再選に重要ですが、多くの女性はそっぽを向いていると伝えています。

4年前のトランプ大統領の勝利を後押ししたのは郊外に住む女性だったことが当時の出口調査でわかっていたが、今回の選挙では激戦州の郊外で見ると男性では接戦ですが、女性の場合はバイデン候補が23ポイントの大幅なリードとなっているとしています。

このためトランプ大統領は先週、激戦州のペンシルベニア州の選挙集会で「郊外に住む女性の皆さん、ぼくのことを好きになってくれませんか?お願い、お願い!」と懇願したということです。

記事では、こどもたちに他人を尊重して丁寧に話すよう教えることを心がけている女性たちを紹介し、こうした女性はトランプ大統領が我慢できず、バイデン候補に投票することを既に決めているとしています。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  7. 7

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。