記事
  • ロイター

FRB、金融安定リスクへの注視必要=クリーブランド連銀総裁


[21日 ロイター] - 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は21日、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策に対する新たなアプローチは低金利・低インフレ下でFRBの経済に対する影響力を高めるが、金融安定リスクを注視し続ける必要があると述べた。

オンラインイベントで、強いインフレ圧力と金融安定リスクが存在しなければ、雇用が堅調なだけではFRBの懸念要因にならないことを新たな枠組みは明確にしていると指摘。

ただ、低金利が借り入れ増加や財務レバレッジの上昇、イールド・ハンティング(利回り追求)の動きなどを促す可能性に留意する必要があるとし、「マクロ経済の安定につながる金融政策は金融の安定を促進する一方、中立金利が低い環境下では持続的な緩和政策が場合によっては金融システムの脆弱性を高める可能性がある」とした。

また、「低金利下で、金融政策と金融安定とのつながりに対する最善のアプローチ法を巡り、一段の検証が必要だ」と語った。

さらに、一般の人々が金融政策を理解し、インフレ期待により良い影響を与えるために、FRBにはやるべきことがまだあるとも指摘。

新たな枠組み発表直後に行われた調査では、金融政策の目標は政府の借り入れコストを下げることだと答えた人の方が多く、FRBの責務である物価安定と雇用最大化について認識している人は少ないことが分かったとも述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。