記事
  • ロイター

エリクソン、第3四半期利益が予想上回る 中国5G事業などで


[ストックホルム 21日 ロイター] - スウェーデンの通信機器大手エリクソン<ERICb.ST>が21日発表した第3・四半期決算は、コア利益が予想を上回った。利益率上昇と中国の第5世代(5G)通信開始が奏功した。通年の業績目標達成にも自信を示した。

決算発表を受けて、株価は一時9%上昇した。

粗利益率は前年同期の37.8%から43.2%に上昇し、2006年以来の高水準になった。

リベラムのアナリストによると、利益は主にネットワーク部門で稼ぎ、調整後の営業利益率は22.7%と、予想の17.8%を大幅に上回った。

調整後の営業利益は90億スウェーデンクローナ(10億ドル)で、前年同期の65億クローナから増加。リフィニティブのアナリスト平均予想の69億8000万クローナを上回った。

総売上高は1%増の575億クローナ。

1─9月の調整後営業利益率は11.1%。同社は2020年の目標を10%以上、22年目標を12─14%としている。

新型コロナウイルス流行による混乱にもかかわらず、エリクソンは主力のネットワーク事業で売り上げを拡大。米政府の圧力を受けて中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]を排除する国が増える中、エリクソンの5G事業契約は前四半期の99件から112件に増加した。

ただ、スウェーデン郵便電気通信庁(PTS)は20日、5G通信網にファーウェイと中興通訊(ZTE)<000063.SZ>製品の使用を禁じると発表。これを受け、中国との関係が悪化する恐れがある。

エリクソンは中国の大手通信3社に5Gネットワーク通信機器を供給している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。