記事
  • ロイター

中国の環境対策、過去5年に進展もまだ不十分=高官


[上海 21日 ロイター] - 中国生態環境省の趙英民次官は21日、大気汚染対策やクリーンエネルギーの利用拡大、温室効果ガス排出量の削減で中国は過去5年間に進展しているが、環境対策はまだ不十分だとの考えを示した。

同次官は2016年以降、大気汚染や水質、二酸化炭素(CO2)排出量で一連の目標を達成しているが、まだ先は長いと指摘。重工業や石炭に依然として依存しており、環境対策におけるトレンドは根本的には改善していないとの見方を示した。

習近平国家主席は先月、国連総会一般討論のビデオ演説で、2060年までに国内のCO2排出量を「実質ゼロ」とすることを目指すと表明した。

米国のトランプ政権が地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」からの離脱手続きを進める中、気候変動対策で存在感を示す狙いがあると受け止められている。

中国は、環境対策の新5カ年計画(2021─25年)を策定中で、専門家は2060年までにCO2排出量を実質ゼロにする目標を達成するためには、国内の石炭消費を一段と管理し、CO2排出量の少ないエネルギー源を推進する必要があると指摘する。

趙次官は、新5カ年計画の詳細は明らかにしなかったが、化石燃料の消費を管理し、低炭素技術を推進すると共に、気候変動対策に一段と貢献すると表明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  4. 4

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  5. 5

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  6. 6

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    独裁者に目を付けられた周庭さん

    WEDGE Infinity

  10. 10

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。