記事

ゴールドマン・サックスが女性役員のいない企業の上場支援をしないワケ

1/2

ゴールドマン・サックス証券副会長のキャシー松井さんは、1999年に「働く女性が増えることが経済成長につながる」という「ウーマノミクス」のリポートを書きました。しかしそれから20年以上経った今も、日本は女性が働き続けることが容易な国であるとは言えません。長く日本の働く女性を見てきた松井さんに、お話を聞きました。

ゴールドマン・サックス証券副会長のキャシー松井さん(同社提供)

ダイバーシティに理解がない取引先をどうするか

私はよく、働く女性たちから、社内外の人間関係、キャリアの構築の仕方、リーダーとしてのあり方などのさまざまな悩みを相談されます。最近受けた相談の中で気になったものの一つが、「ダイバーシティに理解のない取引先にどう対応したらいいか」というものです。

自分の会社の中でダイバーシティが浸透していない場合は、上司や同僚、人事部に働きかけるなどの対応が考えられますが、取引先や顧客企業など、他社とのやりとりの中で差別的な対応をされる場合は簡単ではありません。取引先ですから、こちらのやり方も主張しにくい。かなり難しい状況だと思います。

ダイバーシティについての理解や施策は徐々に浸透してきてはいますが、まだまだ企業によってその度合いには大きな差があります。ですから、こうした状況はたくさん起こっていると思います。ただこれからは、セクハラや差別的な発言・行動があるなど、自社のダイバーシティの方針に反する行為がある取引先には、会社として抗議したり、時には取引を打ち切るといった厳しい対応を取ることも考えなければいけないでしょう。

「女性役員がいない企業との取引はしない」

ゴールドマン・サックスのCEOは今年(2020年)1月のダボス会議(世界経済フォーラムの年次総会)で、「女性など、多様な取締役メンバーがいない企業については、そのIPO(新規株式公開)の主幹事を引き受けない」と宣言して大きな反響を呼びました。おそらくこうした方針を打ち出したのは、ウォール街の投資銀行の中でも初めてでしょう。ゴールドマン・サックスにとって、企業が上場する際の主幹事業務は、コアビジネスの一つです。この方針は、アメリカと欧州を対象としたもので、アジアは対象から外れていますが、海外でも日本でも大きな話題になりました。

これは、自社の価値観を押し付けようとして言っているわけではなく、経済合理性に基づいています。「リーダー層に多様性がある企業は、多様性がない企業に比べて長期的なパフォーマンスが良い、株価のリターンが高い」といった調査結果はたくさん出ています。特に最近はESG(環境、社会、ガバナンス)投資も増えていますし、より多様性のある企業にお金が流れる風潮があります。この流れは止まらないと思います。

「多様性のない企業とのビジネスはしません」となると、確かに短期的にはビジネス機会を失うこともあるかもしれません。しかし、長期的には、短期的なロスを上回るリターンを得られると確信していますし、こうした方針を表明することで、多様性の価値を理解していない企業も変わっていくのではないでしょうか。

ただこれは、実際に取引先の対応をしている女性個人では、なかなか決められない対応かもしれません。経営層がこれから本気で考えていくべきことです。もし、自分がダイバーシティの理解がない取引先を担当している場合は、上記の通り、長期的には自社のためになるということも踏まえ、会社として厳しい対応をとってもらえるよう、チームや上司に相談してみてほしいですね。

“Don’t try to be a man.”「男性になろうとしないで」

男性が多い企業や業界にいると、無意識のうちに、周りの男性たちと同じような働き方をしなくてはいけないと思い込んでしまうことがあります。私も、若手の女性のメンターをしていると、よくそうした質問を受けます。特に金融業界は競争が激しいですし、ある意味男性のようなアグレッシブさがないと評価されないところもあります。

ただ、こういう時、私がよく言うのは、“Don’t try to be a man.”「男性になろうとしないで」。そもそも男性になろうとしても無理なこと。それに、すでに男性が多いところに、もう1人男性を増やす必要はないと思いませんか? 全員が男性になっても困るじゃないですか。

私は30年くらいこの業界にいますが、日本の外では、お客さまである投資家の、女性の割合がものすごく増えています。顧客側が多様になっているのに、それを提供する企業が多様でなければ釣り合いません。出てくるのが全員男性だと、やはり「多様性がないな」と、いい評価はされないように思うのです。ビジネスチャンスを失うリスクになってしまいます。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  9. 9

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。