記事
  • ロイター

コロナワクチン接種、政府など推奨なら大半が受け入れ=国際調査


[ロンドン 20日 ロイター] - ワクチンの信頼確保に向けた世界的な取り組み「ワクチン・コンフィデンス・プロジェクト(VCP)」の統括により行われた世界規模の調査で、大半の人が自国の政府または雇用者が推奨すればCOVID─19(新型コロナウイルス感染症)ワクチンの接種を受ける意思があることが分かった。

調査は6月、100万人当たりの感染率で35位までの国のうち19カ国で、18歳以上の1万3000人超を対象に実施。

その結果、回答者の71.5%が、新型コロナワクチン接種を受ける可能性が極めて高い、またはある程度あると回答。61.4%が雇用者が推奨すれば受け入れると回答した。

一方、国籍を問わず全回答者が、ワクチン接種を雇用者に強制された場合には受け入れる可能性がより低くなると答えた。

また、地域ごとに大きな差がみられた。ワクチン接種に肯定的な回答率は、中国でほぼ90%だったのに対し、ロシアでは55%以下、フランスでは58.89%、米国では75.4%、英国では71.48%だった。

世界保健機関(WHO)は、感染の連鎖を断ち切るには人口の少なくとも60─70%が免疫を保有する必要があるとの見解を示している。

新型コロナワクチンは前例のない速さで開発されており、人々の間で安全性に対する不信感が高まっている。

現在世界で開発中のワクチンは200種前後、このうち安全性と効果について人に対する臨床試験が行われているのは40種超。

多くは、通常10年程度かそれ以上かかる開発過程が数カ月単位に短縮されている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。