記事

パリ「失敗テロ」が浮き彫りにした「付き添いなき未成年」問題 - 国末憲人

2003年、市民団体「政界の子どもと人権」のMIEセンター(パリ郊外クレムラン・ビセートル)で、教師(右端)からフランス語を学ぶ子どもたち(筆者撮影、以下同)

「パリ11区ニコラ・アペール街」と聞くと、フランスでテロ問題にかかわる人ならピンとくる。バスチーユ広場近くの下町に位置するこの通りの10番地に、風刺週刊紙『シャルリー・エブド』編集部がかつて入居し、2015年1月7日にイスラム過激派テロの標的となったからである。

 この地番で、編集部内の10人とビルメンテナンス会社の1人が殺害された。事件は、表現の自由に対するイスラム過激派の挑戦として、またその後フランスやベルギーで相次いだ大規模テロの連鎖の始まりとして、世界の注目を集めたのだった。

あわせて読みたい

「テロ」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  7. 7

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。