記事
  • ロイター

米クアルコム、5G基地局など通信設備向け半導体に参入へ


[20日 ロイター] - 米半導体大手クアルコム<QCOM.O>は20日、次世代通信規格「5G」の基地局など通信設備向けの半導体市場に参入する方針を明らかにした。同市場は欧州や中国勢のシェアが大きく、米大手の参入は初めてとなる。

クアルコムは、携帯電話と5G通信網をつなぐモデムチップを含め携帯電話向け半導体ではすでに最大手だ。

一方、5G基地局や、通信会社が購入するその他インフラの市場は、ノキア<NOKIA.HE>やエリクソン<ERICb.ST>のシェアが大きい他、米政府が制裁を導入する前は中国の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]も有力だった。

クアルコムはこれらの企業に直接対抗する代わりに、5G基地局技術の変化に伴い、半導体サプライヤーになることを目指している。

現在の5G基地局の状況は、1社が機器全体を設計し、特別仕様の半導体を発注して特別なソフトウエアを開発していた初期の携帯電話の状況と類似している。

だがスマートフォンセクターはその後、クアルコムが業界標準の携帯電話向けチップ供給に乗り出し、グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」とクアルコムの半導体をベースに多くの電話機メーカーが市場に参入できるようになったのを受け、大きな発展を遂げた。

クアルコムのクリスチャーノ・アモン社長は、5G基地局でも同様の流れが現在起きているとし、マイクロソフト<MSFT.O>などが「仮想化」された5G基地局を運用するソフトの開発に取り組んでいると指摘した。クアルコムは既存メーカーだけでなく、新規参入企業に基地局向け半導体を供給したい考えだ。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  6. 6

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  9. 9

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  10. 10

    ひきこもりは幸せなら問題ない?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。