記事
  • ロイター

協調減産緩和の判断「時期尚早」 見極め必要=ロシア・エネ相

[モスクワ 20日 ロイター] - ロシアのノバク・エネルギー相は20日、石油輸出国機構(OPEC)など主要産油国による協調減産について、12月以降の見通しについて語るのは時期尚早との見解を示した。同相は先週、来年の減産緩和は予定通り実施すべきだと述べていた。

OPEC加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は、21年1月から協調減産を緩和する予定。しかし、新型コロナウイルス感染の第2波が広がっていることから、先行きに不透明感が浮上していた。

ノバク氏はエネルギー省広報を通じてロイターに「OPECプラスの合意について12月以降の見通しを語るのは時期尚早だ」とコメント。何らかの決定を下す前に、今後1カ月に状況がどのように推移するかを「理解する必要がある」とした。来年の減産規模維持をロシアが支持するかどうかとの問い合わせに回答した。

一部の業界筋は先に、ロシアが需要低迷と新型コロナウイルス感染再拡大によって世界の原油市場が悪化した場合、来年以降の減産継続を支持する可能性があると指摘していた。

ノバク氏は先週、コロナ感染が世界的に急増しているものの、OPECプラスが計画通りに減産緩和を開始するという見通しを示した。

OPECプラスの次回会合は11月30日─12月1日に予定されている。

プーチン大統領は先週、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と2回にわたり電話会談を実施。ロシア大統領府のペスコフ報道官は、新型コロナ感染拡大で原油需要が抑制される中、ロシアとサウジの協議が必要になっていたと説明した。

OPECプラスの現行の減産規模は日量770万バレル。これを来年1月から570万バレルに縮小することで合意している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

  10. 10

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。