記事

オバマはいかに「負ける」のか

1/2

 ワシントンのユニオン駅近くのホテルで会ったグエン・フン(41)は、童顔ににこやかな表情を浮かべながらも、ちょっぴり憂鬱そうだった。

 気持ちが晴れない理由は、仕事ではない。小さなコンサルティング会社の経営幹部としてうまくやっている。家庭も問題ない。妻と5歳の息子と幸せに暮らしている。フンを悩ませ、苛立たせているのは、大統領選に向けてバージニア州でアジア系アメリカ人コミュニティーを束ねる民主党代議員としての複雑な立場だ。

 フンの悩みはアメリカ大統領選の複雑な仕組みと関係している。選挙は全米50州の有権者が誰に投票するかによって決まることに「なっている」が、現実はそうではない。

リンク先を見る
グエン・フン。ワシントンのThe Liaison Capitol Hillにて

 11月6日の投開票日まで2週間を切った時点で、オバマとロムニーが遊説のためにたびたび訪れ、両陣営が相手を中傷するネガティブCMをテレビで大量に流し、各メディアが取材陣を送り込んでいるのは「浮動州(swing states)」と呼ばれる激戦区の11州のみ。選挙戦はこの11州だけで争われているといっても過言ではない。

 よく知られているように、アメリカの大統領選挙は得票総数ではなく、州ごとに数が定められた「選挙人」をどれだけ多く獲得できたかで決まる。州ごとの選挙人は得票によって配分されるのではなく、1票でも多く獲得した党候補者にすべて与えられる「勝者総取り方式」になっている。

 なぜそうなっているのかと言えば、そういう決まりだからとしか言いようがない。ワシントンで会ったある大手紙の支局長は「ほんとおかしなシステムだと思うけど、建国の父たちが決めたことだから仕方ない」と肩をすくめた。

 なので、共和党のブッシュが民主党のゴアに競り勝った(ことになっている)2000年の大統領選のように、得票総数はゴアのほうが多かったけれど、獲得した選挙人の数が多かったブッシュが当選、ということがまれに起きる。今年もそうなる可能性が指摘されている。

 浮動州以外の39州では、支持率調査から、オバマとロムニーのどちらが選挙人を総取りするかがすでにほぼ確定している。これら、すでに選挙が実質的に終了している州の選挙人をカウントすると今のところオバマが201人、ロムニーが191人(Real Clear Politicsの算出)。全米の選挙人の総数は538人なので、過半数の270人以上を獲得すれば勝利となる。

 その浮動州の情勢が今どうなっているかというと。

 

 

リンク先を見る

 単純な支持率ではギャラップ社の調査でロムニー50%に対しオバマ46%、ラスムッセン・リポーツでロムニー50%に対しオバマ47%、世論調査等の分析で定評があるRealClearPoliticsが全米平均をとった数値でロムニー47.7%に対しオバマ46.8%だが、10月27日時点の支持率でオバマが上回っている浮動州(ネバダ、ウィスコンシン、ミシガン、アイオワ、オハイオ、ニューハンプシャー、ペンシルベニア)をすべてオバマが実際に獲得すれば選挙人は計281人となり、残り4州を落としても当選できる。

 ただ、楽観できる差ではない。

 注目されるのは11月2日に発表される10月の米雇用統計だ。10月に発表された9月の失業率が7.8%で、3年8カ月ぶりに8%を下回ったため、それが製造業の多いミシガン州、アイオワ州、オハイオ州などで現職オバマの支持率が好転した主因とも指摘されている。

 現職大統領で、失業率が7%を超えていて再選を果たしたのは84年のレーガンだけ。オバマが現在リードしている州のうち、支持率の差が最も少ないニューハンプシャー州と、共和党の副大統領候補ポール・ライアンの地元ウィスコンシン州がひっくり返るだけで、過半数の270人に足りなくなる。

 というわけで、どちらの陣営にとっても絶対に落とせないのが支持率同数で拮抗している、グエン・フンの住むバージニア州なのだ。

 バージニア州が注目される理由はそれだけではない。

 バージニア州は大統領選ではもともと共和党が強い地域で、南部と東部のほとんどの州で民主党のジミー・カーターが勝った76年の選挙、クリントンが地滑り的勝利を収めた92年の選挙を含め、1968年から2004年まで11回連続で共和党の候補が選挙人を獲得した。

 それが4年前、40年ぶりに民主党が勝利して話題となった。つまりバージニアはブッシュからオバマ、オバマからロムニーという浮動層や共和党穏健派支持層の心の揺れを映し出し、結果として前回、今回と連続して選挙全体のキャスティング・ボートを握る存在となっている。

 もう一つの理由は失業率。バージニア州の失業率は全米平均の7.8%を下回る5.9%で、50州の中で12番目に低い。となれば現職に有利になりそうなものだが、そうならないのは、2013年1月1日から強制的な歳出削減が執行されて米財政が危機に陥る、いわゆる「財政の崖」が最も深刻な打撃を与えるとみられているのがこのバージニア州だからだ。

 州の失業率が低いといっても、地域ごとにかなりばらつきがある。カウンティー(郡)単位でみてみると、失業率が5.0%以下の郡も集中する北部と、全米平均を上回る郡も多い南部とで露骨に格差が表れている。

 首都ワシントンに隣接する北部エリアには国防総省とCIAがあり、連邦政府の各省庁、議会関係者、大企業の社員のベッドタウンでもある。アメリカの主要な防衛コングロマリットのほか、軍需産業やセキュリティー産業を中心とする政府のさまざまな公共事業を請け負う契約企業も集中している。

 またソフトウエアベンダーなど情報通信産業のベンチャーが2000年以降に勃興して、可処分所得や学歴が高く若い世代のホワイトカラーが他州から流入した。彼らが2008年のオバマ勝利をもたらしたとされる。

 一方、ノースカロライナ州と隣り合う南部エリアは伝統的に農業地帯で、今年アメリカを襲った記録的な干ばつにも大きな被害を受けた。ただしノーフォーク海軍基地、ラングレー空軍基地がある南東部のチェサピーク湾岸は失業率が低い。

 つまりバージニア州の失業率の低さ=経済の好調さは、すぐ隣のワシントンから潤沢に流れ込んでくる連邦政府予算、とく軍事関連予算に支えられている。問題は、「財政の崖」をもたらす大規模な歳出カットに、今後10年間で国防予算を4870億ドル(約38兆円)削減することが盛り込まれていることだ。

あわせて読みたい

「アメリカ大統領選」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党に利用された宝島社の「タケヤリ意見広告」

    渡邉裕二

    05月19日 08:10

  2. 2

    架空情報を使いワクチン接種予約した朝日新聞出版&毎日新聞 岸防衛大臣の抗議は筋違い

    諌山裕

    05月18日 14:25

  3. 3

    #メディアはワクチン接種を邪魔するな 2 政府のミスを見つけてくれた? ワクチンを早期に拡げて国民を助けるより政府を叩きたい!? 国を滅ぼしたい!?

    中村ゆきつぐ

    05月19日 08:20

  4. 4

    マリエさんの枕営業告発が一瞬で話題から消えた2つの理由

    PRESIDENT Online

    05月18日 16:25

  5. 5

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  6. 6

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  7. 7

    大失敗の大阪、成功の東京〜感染急増の大阪や地方と、第4波の感染抑えた東京の何が違ったのか?

    かさこ

    05月19日 08:15

  8. 8

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  9. 9

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  10. 10

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。