記事

榊原英資、竹中平蔵にズバリ聞いた「それで、どうする! 日本経済 これが答えだ!」

いま日本の経済は、問題が山積みである。債務残高の対GDP比は、昨年200%を超えた。デフレはすでに20年続き、円高株安の流れも止まらない。新聞や雑誌は暗い予測ばかりし、「日本が沈没する」と不安を煽る。

けれど、そうした悲観論を鵜呑みにしてはいけない、と僕は思う。メディアが不安を煽るのは、商売のためだ。不安を煽らなければ、人びとはテレビを見ないし、新聞や雑誌を買わない、そう大手メディアの人は思い込んでいるのだ。

では本当はどうなのか。日本経済は沈没するのか。メディアが煽っているだけなのか。そういう疑問を、僕がもっとも信頼する2人のエコノミストに徹底的にぶつけてみた。ひとりは、元大蔵省財務官の榊原英資さんである。榊原さんは国際金融局長などを歴任し、「ミスター円」の異名を持っている。もうひとりは竹中平蔵さんだ。経済財政政策担当大臣などを歴任し、小泉内閣の構造改革を主導した。

元大蔵省官僚と、規制緩和を主導した経済学者。経歴も考え方もまったく異なる彼らが、対談することなど普通はあり得ない。 その2人が、僕の質問に率直に答えてくれたのだ。

国債について榊原さんは、こう答えてくれた。「少なくとも5年は暴落はない。供給が大きくなってもまだ充分需要がある。 日本人は国内貯蓄がほとんどだからだ」一方、竹中さんの答えはこうだ。「いますぐ暴落する懸念はまったくない。ただし、プライマリー・バランスを回復するシナリオを、そろそろ作らなければ危ない」つまり、すぐに国債が暴落することも、財政が破綻することもない。だが、国の収支をできるだけ早い時期に、黒字に持っていかなければならないということだ。

消費税増税については、2人とも、「消費税は上げる必要はあったが、だが時期がよくない」と意見が一致している。そして将来的に消費税は、「少なくとも15%まで引き上げなければダメだ」と榊原さんは述べた。竹中さんの答えは、「消費税増税だけでは財政再建はできない」「まずは市場の活性化を最優先すべき」であった。

原発の問題でも、2人の答えは一致していた。「原発ゼロ」である。そのうえで、竹中さんは「電力を自由化し、市場メカニズムを働かせるべき」と訴え、榊原さんは「原発から予算を付け替えて代替エネルギーの開発をすべきだ」と答えた。

この話の中で、僕がとても印象に残ったことがある。2人の意見が、「日本の未来は明るい」ということで、はっきりと一致したことだ。榊原さんは、日本は自然環境がよく、「環境技術も水道技術も文句なく日本が世界一」であることを挙げる。そして、竹中さんは、そのような日本のポテンシャルが「100%発揮できる政策がほとんど採用されていない」「もっと自由が必要だ」と現状に苦言を呈す。

リンク先を見る
日本経済の問題点や現状分析では、両者の意見はほぼ一致している。水と油の2人の意見が一致するということは、議論の余地がない確たる事実だと言っていいのだろう。一方、対応策や政策面については、多くの点で対立した。ここが、きっと日本の分岐点となるにちがいない。この2人の激論で、低迷する日本経済への「答え」が明らかになったと僕は思ったのだ。

この鼎談は、『それで、どうする!日本経済 これが答えだ!』というタイトルで1冊の本にまとめた。日本と日本経済の問題がよくわかり、いま僕たちが何をすればいいのか、どうすれば、「日本の未来が明るくなるのか」がはっきりと明示された、自信作となっている。

あわせて読みたい

「竹中平蔵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  7. 7

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  8. 8

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  9. 9

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  10. 10

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。