記事
  • ロイター

米、ファーウェイ競合の5G機器購入するブラジル企業に融資提供へ


[ブラジリア/ワシントン 20日 ロイター] - 米政府は20日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の競合企業から次世代通信規格「5G」の通信機器を購入するブラジル通信会社に対し、購入資金を融通する方針を明らかにした。ブラジルの5G市場からファーウェイを排除する取り組みを強めた格好だ。

米国家安全保障会議(NSC)、米国際開発金融公社(DFC)、米国輸出入銀行の関係者が、訪問先のブラジリアで記者団に述べた。

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)率いる米代表団は、5G通信など協力分野を特定した輸出入銀行の融資合意署名に立ち会った。オブライエン氏はこれに先立ち、ブラジルのボルソナロ大統領と会談した。

一方ワシントンではこの日、米政府高官がブラジルに対し、中国がファーウェイの5G製品供給を通して影響力を拡大させようとしていないか注意深く監視するよう呼び掛けた。

ライトハイザー通商代表部(USTR)代表は全米商工会議所が主催したイベントで、前日に合意したブラジルとの通商協定で、鉄鋼やエタノールなどを巡る一段の交渉に道が開けたと指摘。ただ「明らかに中国要素が絡んでいる」とし、「中国はブラジルで大きな動きを見せ、最大の貿易相手国になった。これについて米国は懸念している」と述べた。

カドロー国家経済会議(NEC)委員長は、ボルソナロ大統領に中国の投資のほか、5G通信網技術を含むハイテク技術を監視するよう呼び掛けたことを明らかにし、「米国は対応策を取っている。ブラジルも米国と共に歩むことを強く望んでいる」と述べた。

米国のチャップマン駐ブラジル大使は、両国が2国間の貿易規模を現在の約1000億ドルから向こう5年間で倍増させることを目指していると表明。「戦略レベルの」軍事協力について協議しているほか、ハイテク分野の交流促進を検討していると述べた。

在ブラジルの中国大使館はツイッターで、通信分野の「独占」を狙っているとして米国を批判した上で、大半の国は独立性を維持し、5Gについて独自に決定するだろうとの見方を示した。

ある米政府関係筋によると、安全保障を巡る懸念の高まりから、ファーウェイを巡るブラジルの見解は明らかに変化しているという。ただ、最終決定はまだ発表されていない。

ブラジルは来年、5G周波数帯の入札を予定している。ブラジル国内で展開する多くの通信会社はすでにファーウェイ製品を購入しており、他社と比べて値段が安いことから今後もファーウェイ製品を使用することを望んでいる。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  10. 10

    政府の五輪感染対策に批判殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。