記事

タイ脱走ウイグル族捜索の背景

1/2
ウイグル人弾圧への抗議 出典:Flickr; langkawi

大塚智彦(フリージャーナリスト)

【まとめ】

タイ、ウイグル族強制送還の背景に中国政府からの働きかけか。

・タイへの脱走は北朝鮮人の「亡命脱出ルート」と重なる。

・ウイグル人の強制送還は人権上問題ありと、タイ政府に厳しい批判。

タイの警察、入国管理局などがミャンマーとの国境地帯で入管に収容中に脱走した、ラオスから違法入国したウイグル族の2人を捜索していることがわかった。

ウイグル族はタイ当局によって中国本土に強制送還されると中国国内の強制収容所に送られて強制労働や拷問などの過酷な運命が待っているとされ、強制送還を逃れるためにタイの入管施設から脱走して国境を超えてミャンマーに向かっているものとみられている。

タイ国内には中国から逃れてきたウイグル族がラオスやカンボジアなどを経由して多く入国しており、タイ当局は「発見次第収監して、中国へ強制送還」のスタンスを続けていることから、人権団体やウイグル族組織からは「人権上の配慮で少なくとも強制送還だけは回避するべきだ」と要求している。

しかしタイ政府のこうした「強制送還の方針」の背景には在タイ中国大使館を通じた中国政府からの強い働きかけがあるとして、タイ政府への批判も高まっている。

■ 2度目の脱走でミャンマー目指す

タイの地元メディアは報道で10月16日にタイ警察、入国管理局、国境警備隊などが合同でタイ西部ミャンマーと国境を接するターク県メーソート郡の国境地帯で大規模な捜索が実施していることを伝えた。

捜索は国境付近にある竹林やトウモロコシ畑などを警察の探知犬やドローンまでも使用して陸と空から続けられている。探しているのは41歳と29歳のウイグル族男性2人で、タイ東北部のノーンカイ県でラオス国境を超えてタイに不法入国したとして現地の入管施設に拘留されていたという。

この2人はそのノーンカイの入管施設から脱走して逃走、21日後に再拘束されてメーソートの入管施設に移送されていたという。

そのメーソートの入管施設を10月14日の夜明け前に再び脱走した2人は、国境沿いを逃走、潜伏しておりミャンマーへの入国を狙っているとして国境警備隊も動員しての捜索が続いている。

地元マスコミは、警察からの情報として2人は収監されていた入管施設の鉄格子を洗剤で腐食させて、切断を容易にした上で切断、そこから外部に脱走したとみられる、とその手口を伝えている。

あわせて読みたい

「ウイグル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。