記事

前澤友作氏の「お金配り」で狙われるフォロワー 詐欺師にとっては“カモリスト”か

1/2

「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作氏が行っている「お金配り」。毎日抽選で10人に10万円ずつ配る「Twitterでお金を配る人」として認知される中、この手法について賛否の声があがり、さらには本人も批判について投稿する事態が起きている。

【動画】狙われるフォロワーの実態

前澤氏のアカウントをフォローし、投稿をリツイートすれば抽選で現金がもらえるということで、今やそのアカウントはフォロワー数が1000万人を超え日本一になっている。一方で「お金配り」については、「前澤さんRTしてる奴は信用しない」「金配りツイートをRTしてる人は即ブロック安定」といった声も相次いでいる。

これに前澤氏は10月18日の投稿で「僕のことをフォローやRTしてくれてる人たちのことを『前澤をRTする奴ら』みたいに一括りにして、どこ目線か分からないけど、感じ悪いコメントする人をたまに見かけるけど、それやめない?」「1000万人いたら1000万通りの人生や事情があり、一人一人に寄り添った想像が出来たらいいなと思う」と反論した。

困っている人たちを助け、世の中を良くするための活動としてお金を配り続ける前澤氏だが、その活動をめぐってはフォロワーが利用されているとの指摘もある。裏社会を取材する作家・編集者の草下シンヤ氏は、前澤氏のフォロワーが今、狙われていると語った。

「リツイートしている人たちというのは、お金を欲しがっているというところがある。すごくたくさんリツイートしているということで“カモリスト”になっている」と説明。詐欺などの犯罪を企てる者にとってちょうどいいカモが集まったリストとして販売もされているという。


「お金配りに参加する人=判断力が鈍り甘い話に弱い」と判断されたフォロワーが標的になり、詐欺などの犯罪行為を手伝う役割として勧誘されることもある。フォロワーを目当てに、似たような「お金配り」のアカウントを開設して勧誘、なかなかお金が届かないと不安になったフォロワーがDM(ダイレクトメッセージ)を送ってきたところで、さらに勧誘するといった手口だ。

あわせて読みたい

「前澤友作」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  9. 9

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。