記事

「小1の壁」とその解決策

NHKで「小1の壁(小1プロブレム)」の問題が取り上げられていました。意外と知られていない社会問題なので勉強がてらのメモをご共有。

子どもが小学生になると会社を辞めざるをえない

小学校入学までこぎつければ、子育ても一段落。そう周囲は見るけど、延長保育など至れり尽くせりの保育園がなくなって、仕事との両立は逆にきつくなる。「小1の壁」を前に仕事をあきらめる人もいる。

働く母を阻む「小1の壁」 保育園も時短勤務もなくなり

「小1の壁」とは、仕事で帰宅が遅くなってしまう共働き世帯、ひとり親世帯は、放課後に子どもを預ける先がなく、仕事を辞めざるをえない/生活を変えざるをえない、という社会問題です。親が帰る時間が8時で、子どもの授業が終わるのが3時だったりすると、その間の5時間、子どもの居場所がないわけです。

そういう場合、状況によっては会社を辞めざるをえないことにもなります。

 東京都世田谷区在住のムツミさん(35)も今春、長女の小学校入学を機に、13年間一般職として勤め続けたメーカーを辞めた。会社の育児短時間勤務制度は小学校入学前まで。それが退社の決め手だった。

働く母を阻む「小1の壁」 保育園も時短勤務もなくなり

放課後の子どもを預かる「学童保育」というソリューションもありますが、その数の不足が指摘されています。入れたくても入れられないということですね。

2010年の「国民生活基礎調査」では、末子の年齢が6歳の児童の59.2%、7歳~8歳の児童の65.5%は母親が働いている。母親が働いている低学年児童は約213万人だが、そのうちの35%にあたる約75万人しか学童保育に入所していない。

 また、2012年度に保育所を卒園して小学校に入学した児童数約48万人に対して、学童保育に入所した新1年生は約29万人で、約6割にとどまっている。このことから学童保育が保育所を卒園した子どもの6割弱しか入所できていないと推測される。

学童保育不足が深刻に…約2割が小学校区内に学童保育なし | リセマム (教育・受験、その他のニュース)

まだ働きたい人が、子どもを預ける場所がないがために仕事を辞める、というのは社会にとっても本人にとっても損失といえるでしょう。

解決策① 学童保育・放課後教育の充実(民間/NPO)

解決策のひとつは、不足が叫ばれている学童保育そのものの充実です。

特に注目が集まっている分野は「民間学童」で、東急のキッズベースキャンプなどはビジネスとしても成功しています。塾業界など、保育以外の業種からの参入も増えているとか。

画像を見る

また、NPOのsopa.jpは、民間学童保育を増やしていくための経営ノウハウを提供し、民間学童を増加させることを目論んでいます。民間学童を経営したい方は、ぜひsopaを頼ってみるといいでしょう。

一方で民間であるため料金は高く、例えばキッズベースキャンプは毎月5〜6万、食事の提供も受ける場合は月10万円弱掛かることも。かなり稼ぎがないと厳しいでしょうね…。

画像を見る

ゆえに、学校やボランティアを生かした、もっと安価なソリューションのニーズも強いのが実際です。NHKの特集の中では、横浜市がNPOと連携して取り組んでいる「放課後児童クラブ」が紹介されていました。こちらは5000円〜2万円程度で利用できます。確かに学校はいい資産ですよね。

また、学童保育ではありませんが、放課後の学校を使って市民が教育コンテンツを提供する取り組みも始まっています(放課後NPOなど)。「放課後学習」の充実も、問題解決の一つの鍵でしょう。

解決策② 時短勤務、在宅勤務の促進

番組では特に言及されていませんでしたが、時短勤務、在宅勤務の促進は問題解決のポイントだと考えます。

現に上で紹介した事例にも「会社の育児短時間勤務制度は小学校入学前まで。それが退社の決め手だった」なんて言葉があります。番組の中でも、「時短の交渉をしたが受入れられず、仕方なく会社を辞めた」という女性が紹介されていました。

時短勤務が許されないというのもバカバカしい話ですし、仕事によってはそもそも会社に行かないとダメ、というのも前時代的な話です。ここら辺の働き方を変えるだけでも、少なからず救われる人はいるでしょう。

例えば、以前も紹介しましたが、クロスカンパニーなどが取り組む「短時間正社員制度」は素晴らしいと思います。これはまさに解決策になりますよね。多くの会社で導入されることを期待します。

うちももうすぐ子どもが生まれますが、とりあえず僕は在宅ワーカーなので、1〜2歳のうちは保育園に頼ることも(恐らく…)なさそうです。奥さんが所属する会社も比較的フレキシブルな制度を持っているので、恐らく「小1の壁」とは無縁でいられると思います。

10年単位の長期スパンで見れば、時間とともに解決していく問題であるようにも思います。特に民間学童という市場原理が働くのは大きいはず。コミットできていない分野ですが、変化を促進するためにできることがあれば関わっていきたいところです。

関連本。ニッチですが良著の匂いがプンプン。ポチりました。

リンク先を見る
連携と協働の学童保育論―ソーシャル・インクルージョンに向けた「放課後」の可能性― posted with ヨメレバ 三好 正彦 解放出版社 2012-04-20 Amazon 楽天ブックス 図書館

あわせて読みたい

「育児」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  6. 6

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  7. 7

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  8. 8

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    今こそ、国民民主党の提案する30兆円の緊急経済対策を

    玉木雄一郎

    05月07日 16:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。