記事
  • ロイター

ECB、環境リスクで社債選別しても1兆ユーロ購入可能=研究報告


[フランクフルト 20日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)の社債買い入れについて、地球環境に悪影響を及ぼす企業の社債を除外しても、なお1兆ユーロ(1兆1800億ドル)相当の買い入れ選択肢があると指摘する研究報告書が20日、公表された。

ラガルド総裁は先週、市場が気候変動リスクの反映に「失敗」しているとして、発行残高に応じて社債を購入することをECBに義務付けたルールを見直す考えを示した。[nL4N2H52NC]

報告書は、英シンクタンクのニュー・エコノミクス財団(NEF)が国際環境NGO(非政府組織)のグリーンピースの支援を受けて作成。ECBに対し、量的緩和(QE)スキームで社債を買い入れる際、発行企業の温室効果ガス排出量を考慮して選ぶよう要請している。

ロイターの質問に対し、NEFの広報は書面で回答し、化石燃料企業や炭素強度(CI)が相対的に高い企業を除外しても、ECBが買い入れ可能な社債は1兆0620億ユーロ相当あり、現行のECBの買い入れ適格社債の規模から30%弱減るだけだと説明した。

報告書は、環境債を除き温室効果ガス排出量の多いセクターの社債をECBが全面的に排除する可能性も示し、その場合は購入可能な社債がジャンク等級債を含め1兆0780億ユーロ相当あると推計した。

「今こそ欧州で最も強力な金融機関がQEプラグラムの脱炭素化を図るときだ。われわれのデータ分析は、それをどのようにできるかを示している」と記している。

ECBは、社債買い入れプログラムに基づき4年間で2360億ユーロ相当の社債を買い入れている。さらに新型コロナウイルス対応の緊急買い入れプログラムでは社債を含め524億ユーロを購入している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。