記事

海外で不人気な日本ドラマでも『半沢直樹』だけは例外的にウケた理由

1/2

驚異の視聴率になった『半沢直樹』は、アジア圏の若者からも人気を集めた。元テレビ朝日プロデューサー鎮目博道氏は「韓国ドラマは国のバックアップを受け、海外展開を前提に制作されている。『半沢直樹』は海外でもウケたが、ほかの日本ドラマは苦しい状況が続きそうだ」という――。

番組HP画像=TBSホームページより

総合視聴率44.1%、『半沢直樹』の驚異的な数字

コロナ禍で家にいる時間が増えて、私たちがテレビを見る期間も増えた。そしてそんな中、多くの人が夢中になったドラマは多分、韓国ドラマと『半沢直樹』だったのではないか。

これまではあまり韓国ドラマに興味がなかった人でも『愛の不時着』や『梨泰院クラス』などにハマったという話はよく耳にする。

そして半沢直樹は最終回の総合視聴率(リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率の合計)が44.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯)という驚異的な数字をたたき出し、日本中に大ブームを巻き起こしたことは改めて言うまでもない。

しかし、よく考えてみれば両者は「ブームになっている」というその一点では共通しているものの、演出や脚本など「ドラマとしての方向性」は随分違うようにも思える。

一体その差は何なのか、ということが私はとても気になった。そして両者は世界でどう捉えられているのか、ということも気になる。

そこで、海外のドラマに詳しかったり、海外で制作に携わっていたりする「事情通」の人たちに話を聞いてみた。するといろいろと面白い分析が飛び出してきたので紹介したい。

従来の映像演出とは異なる「手法」

「『半沢直樹』は、漫画であり演劇であると思います。もし演者のセリフがなかったとしても、画面に吹き出しをつければ内容が分かりそうな感じがします。単純化して、分かりやすくデフォルメしたことで、ヒットしたのではないでしょうか」と語るのは、フランスの映画学校を卒業し、ヨーロッパの映画・テレビ事情に詳しいテレビプロデューサーの津田環さん。

確かに、歌舞伎役者などの「舞台人」をキャスティングし、「顔芸」とも言われるほどの激しい演技と、それを強調するために「どアップ」サイズの映像を多用したことが『半沢直樹』というドラマを強く印象づけたのは、誰しもが感じるところだろう。津田さんはその手法を「黒澤明や小津安二郎以来、日本の映画・ドラマが目指してきた映像演出とは異なるものであり、あまり王道の映像演出ではない」と分析する。

そしてその「どアップ・顔芸」の演出方針が、功を奏して『半沢直樹』が大評判となっているのが中国・台湾なのだという。

台湾を中心に中華圏でドラマ制作にあたる匿名希望のAさんは最近、台湾人からこんな感想を聞くことが増えた。「日本のドラマはテンポが遅くてつまらないから見ていられない。でも、半沢直樹だけは面白い」

そして、それとほぼ同じ声を中国大陸でも聞くことが増えたという。

中華圏にも受け入れられたが……

かつては日本のトレンディードラマが大流行し、「世界で一番日本のドラマがみられている」と言われていた台湾。しかし、韓流ブームにより日本のドラマの人気は低下、韓国のドラマにその座を奪われた。

いまや日本のコンテンツは一部の「日本マニア」の間でその人気を保つのみで、たまにポツンと話題になる程度なのだという。余談だが最近では、多部未華子さん主演のNHKドラマ「これは経費で落ちません!」が台湾のドラマ関係者の間で比較的話題になったそうだ。

ともかくそんな「日本ドラマはテンポが遅い」ということで敬遠されがちな中国大陸や台湾で、半沢直樹は例外的に受け入れられているという。そしてその理由をAさんはこう分析する。

「中国や台湾の人は感情表現が豊かというか、はっきりしています。それに比べて日本人は感情表現が分かりにくいと思われがち。しかし『半沢直樹』の激しい『顔芸』とどアップ多用の演出は、中華系の人たちにはとても分かりやすかったのだと思います。これほど『どアップ』を多用する演出は、中華圏にもありませんから」

そしてAさんは、『半沢直樹』の「顔芸・どアップ」が受け入れられたのには、こんな背景もあるのではないかと考えている。

若者世代に合った分かりやすさとテンポ感

「コロナ禍で最近は止まってしまっていますが、最近、中国大陸ではインターネット向けのドラマが盛んに制作されていました。若い人はいまやドラマといえばインターネットで見るもの、という感覚になっていて、そういう若者向けに10分くらいの短いドラマを予算をかけて制作するのがブームになっていたのです。そういう『分かりやすいドラマ』を好む視聴層に『半沢直樹』の演出は、しっくり来たのだと思います」

つまり『半沢直樹』の演出手法は「ネット向き」で「若者向き」の演出だったということが言えるのではないかというのだ。テンポが良くて、単純に分かりやすい、という要素は現在の若者のニーズに合っているという側面があると言えるのかもしれない。

では、韓国ではどうだろうか。実は韓国でも『半沢直樹』は人気なのだという。韓国ドラマに詳しい韓国ライターの児玉愛子さんはこう話す。

「韓国でもケーブルの日本専門チャンネルで放送されていたり、不法アップロードなどもあって、日本で評判になったドラマなのでよく見られています。韓国人は復讐ものが大好きで、勧善懲悪が好きですね。みんな実生活は大変ですから、ドラマを見てスカッとしたい! というのは確実にあります」

あわせて読みたい

「半沢直樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    トランプ大統領「4年後会おう」

    ロイター

  8. 8

    竹中氏「菅首相の突破力は見事」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  10. 10

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。