記事

ロヒンギャ問題 ミャンマー

2012年10月26日 :ミャンマーMyanmar西部ラカイン(ヤカインRakhine)州で仏教徒の住民とイスラム教徒のロヒンギャ(Rohingya)人との衝突が再燃している問題で、同州では死者数は少なくとも67人、家屋3000戸が放火されたと報じられている。衝突は同州の4地域でこの数日間続いており、死者は仏教徒とロヒンギャ人の双方に出ている。ラカイン州では今年6月、仏教徒とロヒンギャ人の大規模な衝突が起き、非常事態宣言が出された。ミャンマー国内には約80万のロヒンギャ人が暮らしているが、ミャンマー政府や多くのミャンマー人は隣国バングラデシュからの不法移民とみなしている。

以上参照記事からの抜粋 過去ブログ:加速するミャンマーの中国離れと日本の接近

[画像をブログで見る]

90%が仏教徒のミャンマーで不法移民の扱いを受けるベンガル系ムスリム集団ロヒンギャ人だが、彼らは、少なくても15世紀にはバングラデシュからミャンマーにかけてイスラム王国が存在したころから居住していたようだ。

その後第二次大戦時、ミャンマー(当時ビルマ)に進駐した日本軍とも戦い、その際には、連合国で旧宗主英国側についたといわれ、そのこともあってか、その後ビルマ(現ミャンマー)が英国から独立後の1962年のネ・ウィン将軍政権以降は不法移民とされ、現在に至るもミャンマー国籍は与えられていない。その後も最近までの軍政時代に多くの弾圧で殺戮され、1988年の選挙の際、ロヒンジャはアウンサン・スーチー率いる国民民主連盟(NLD)を支持し、そのことによってまた弾圧を受け、1991年の弾圧では25万人以上の難民が

発生し、バングラデシュに逃げ難民となるという歴史を繰り返し、現在もバングラデシュBangladeshのチッタゴンChittagongからミャンマー側シットウェーSittweに、無国籍のまま多くが暮らすという状態となっている。

[画像をブログで見る]

写真は「ロヒンギャ:Rohingya」NO!」をアピールするミャンマー側仏教徒と「ムスリムを殺すな!」とアピールするミャンマー側ロヒンギャ。

人口が多く、発展途上の隣国バングラデシュとしても支えきれる問題ではないだろう。救いは、アウンサン・スーチーAung San Suu Kyi氏がロヒンギャの地位に一定の理解を示している事だ。

参照記事

あわせて読みたい

「ロヒンギャ族」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  5. 5

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  6. 6

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  7. 7

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  8. 8

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  9. 9

    検査拡大に橋下氏「無症状者への闇雲な検査をしても感染抑止の効果は出ない」

    橋下徹

    05月15日 10:01

  10. 10

    国会終盤戦は荒れ模様。一部野党の審議拒否連発で、非生産的な国会運営が続く…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月15日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。