記事
  • ロイター

豪中銀、10月理事会で追加緩和の可能性を議論=議事要旨


[シドニー 20日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)が20日公表した理事会議事要旨によると、10月の理事会では政策金利のキャッシュレートをゼロに向けて引き下げることや期間が長めの国債買い入れなど、追加緩和の可能性について議論が行われた。

海外でのバランスシート拡大の延長が、多くの先進国で国債利回り低下につながったことを指摘した。

理事会は、為替相場の意味合いについても協議した。借り入れコストと豪ドルの押し下げに向け、中銀が近く、追加利下げと債券買い入れ拡大に動く可能性をこれまでになく明確に示唆する内容となった。

20日の豪10年債利回り<AU10YT=RR>は0.75%で、月初の0.9%から低下している。これは米国債と同様の水準だが、依然として英国、ドイツ、フランス、カナダ、日本より高い。

豪中銀は、3月に50ベーシスポイント(bp)引き下げて以来、政策金利を過去最低の0.25%に据え置いている。

ロイターのエコノミスト調査によると、11月3日の理事会では政策金利が15ベーシスポイント(bp)引き下げられ、過去最低の0.1%となる見込み。

議事要旨によると、理事会では、新型コロナウイルス対策後に経済活動が再開する中で、さらなる政策緩和は効果的との見解が示された。

議事要旨発表前にケント総裁補は、政策ツールの1つとして債券買い入れ拡大を指摘した。[nT9N2B601J]

理事会では金融緩和とは別に、「意思決定において、予想ではなく実際のインフレにより重きを置くため」フォワードガイダンスの性質も話し合われた。

「高失業率への対応が国家の優先課題との認識から、政策金利の引き上げを検討する前に、完全雇用に向けての進展を見極めたいとの意見が示された」という。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  6. 6

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  7. 7

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  8. 8

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  9. 9

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

  10. 10

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。