記事

責任範囲

Synodos経由のインタビューが掲載されたりしているのでBLOGOSをちらちら見ていたところ「朝日がクズなのは周知の事実」という惹句のついている記事がありわあすげえ断言っぷりだのうと思ったら自分だった件について orz (挨拶)。

いやまあ字数の制限もあろうことは理解するが私は「週刊朝日がクズ雑誌なのは周知の事実」と書いたのであって、朝日新聞本紙とか朝日新聞出版全体については何も言っていないわけである。実際には本紙と週刊朝日的なものの微妙な距離なども指摘しているので、こうまとめられると困ったなとは思うところ。

まあ私が責任を持っているのはここでの発信内容(本文+タイトル)までであり、BLOGOSはそれを転載しているのだがその際に部分的に省略されたりエントリごと取捨選択されることもあり、さらに惹句については私のまったく関知するところでないので、そのあたりの責任範囲を理解した上でお読みいただきたいとお願いする次第である。

なお「子会社のやったことですから」的に朝日新聞の方が切り捨て気味であった朝日新聞出版についても問題のある部分はむしろ少数だと思っており、つまり同社は経営難に陥った旧朝日ソノラマと、本社出版局(最後の方は出版本部かな)のうち朝日文庫・選書や分冊百科類を担当していた部分と週刊朝日・AERAといった雑誌部分をくっつけて分社化したものであるところ、前二者が問題を起こしたこともそうないわけであり、また私個人としてもだいぶんカネをむしり取られているお世話になっているところである。

これに対して最後の部分はといえば週刊朝日についてはすでに書いたとおりであり、AERAも「放射能がくる」で有名なろくでなしである(吊り広告の駄洒落についてはあえて不問に付す)。要するに問題なのは朝日新聞出版のうちの時事雑誌部門であり、分社化の際に体よく本体から放り出されたのではないかという疑念が漂ってくるところ(すぐに休刊しちゃったけど『論座』を本体に残している点もこの疑惑を強める)。

それで問題を片付けたつもりだったのかもしれないが100%子会社であり朝日の名前を冠しており販売網も朝日新聞のものを使っている以上トラブルが起きれば親の方に騒動は及ぶわけであるし、切り離した先で山口氏が販売部長になっちゃうあたり、要するにコントロールに失敗したという評価になってしまうのではないか。なあなあで済ませてないで切るものはちゃんと切れよと、朝日新聞のために思うところである。まあそれができたらもっと先に切られてる面々がいるはずだけどな。

どっとはらい。

あわせて読みたい

「週刊朝日」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  5. 5

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。