記事

これからの日本が歩むべきは自らを律する「礼」の道 - 「賢人論。」123回(後編)浅田次郎氏

1/2

当代随一のベストセラー作家である浅田次郎氏。日本の古き時代を小説の中で描く一方で、コロナ禍以前は海外を訪れることも多く、「私の考え方はアメリカ人に近いかもしれない」と語る浅田氏。日本人の精神に古くから根づいている「孝」の精神や、海外における高齢者に対する配慮から、現代の私たちは何を学び得ることができるのか。最新作『流人道中記』を取り上げていただきながら、高齢社会とコロナ禍で生きていくための知恵について話を伺った。

取材・文/盛田栄一

「ボランティア」という言葉には恩着せがましさを感じる

みんなの介護 浅田さんは「介護」という言葉があまりお好きではないと伺いました。

浅田 あまり好きではないですね。ほかにも好きになれない言葉は、世の中にたくさんあるんですよ。例えば、「ボランティア」。災害ボランティアとか、復興ボランティアとかいろいろ言われるけど、そもそもボランティアとは、「何らかの活動に、自発的かつ無報酬で参加する人」のこと。ボランティアという概念に「報酬の有無」という尺度が含まれているんです。そこがちがうと思う。「本当はお金をもらってもいいはずなんだけど、今回は無報酬でいいですよ」という恩着せがましさが感じられるんだな。

でも、実際に災害ボランティアに駆けつける人って、あくまでも心意気で行動しているはずですよね。「そこに困っている人がいるから、助けに行きたい」と思っているだけ。「報酬」なんてはなから頭にはないはず。自分でやるべきだと思ったことをやっているだけ。ところが、その行為が「災害ボランティア」という名前でくくられた途端、当初の崇高な思いはどこかへ行ってしまって、なんとなく異質のイメージがつきまとう。もっと良い言い方はないだろうか、といつも考えてしまいます。

みんなの介護 浅田さんは、「シルバーシート」もお気に召さないとか。

浅田 そうです。「シルバーシート」という変な和製英語ができた途端、「シルバーシート以外は高齢者の方に席を譲らなくてもいい」という、変な言い訳ができてしまった。本来であれば、自分がどの席に座っていようと、目の前に高齢者の方や妊婦さんが立ったら席を譲るのが当たり前。それがわが国のモラルであり、美風だったはず。グローバリズムの失敗だと思います。

みんなの介護 シルバーシートという発想が生まれたのは、欧米流の個人主義の影響でしょうか。

浅田 どうなんでしょうね。逆に、ヨーロッパで鉄道やバスの公共機関に乗ったときに、紳士的な男性が女性に席を譲る光景を幾度も目にしました。席を譲られた女性も、さも当然のように座るんだよね。ああいうのは一種の騎士道精神なのかな。

先ほどの「介護」という言葉に戻ると、違和感を抱いているのは、日本にはもともと「孝」とか「孝養」の精神が根づいていたはずだから。例えば、自分の親が年を取ったり、病気になったりすれば、その世話をするのは当たり前のことでしょ?それが「孝」です。

だから、「第三者に自分の親を介護してもらう」という言い方なら、まだ理解できる。第三者には、自分の親に「孝」を尽くす義務なんかないんだから。でも、「自分の親を介護する」というのは、どう考えても不自然ですよね。あえて「介護」なんて新しい言葉を持ち出すまでもなく、昔からやっていた当たり前の行為なんだから。

結局、「孝」という当たり前のことをみんなやらなくなったから、仕方なく「介護」という社会的な用語をつくるしかなかった。真相はそういうことなんじゃないかと思います。

老人が世界一幸せな国は中国

みんなの介護 日本の「孝」の精神は、どこに行ってしまったんでしょう。

浅田 僕は小説の取材を兼ねて、中国に行くことが多いんですが、中国人から学ぶべきことはいまだにいろいろあります。特に感じるのは、わが国では失われた「孝養」の精神が中国社会では隅々にまで行き届いていることですね。

朝、北京や上海の町を散歩していると、老親の手を引いてゆっくり散歩している親子連れをよく見かけます。ところが、そんな光景は日本では滅多に見られません。日本人は、「孝養」の精神をすっかり忘れてしまってるんだな。この点については、我々は中国人を見習うべきだと思うよ。

みんなの介護 確かにそうですね。日本では、老人と中年の息子や娘が一緒にいるところさえ、ほとんど見かけません。老人介護施設のゲストルームなどでは、たまに見かけますが。

浅田 中国人には、老人を尊敬する文化がまだ残っているんだね。例えば、「老(ラオ)」という漢字。日本では単に「年老いた」という意味しかないけど、中国語の「老」には、「偉い」「尊敬すべき」という意味も込められている。だから、自分の先生のことを「老師」と読んだりするけど、「老師」は必ずしも老人というわけじゃない。若くても尊敬に値する人は「老師」なんです。だから中国の「老人」は、それだけで尊敬すべき人ということになるし、先ほど紹介したように社会全体が老人に対して敬意を払って接していますね。

ほかにも中国の大都市の公園にはいろいろ遊具が設置してあるけど、そのほとんどは子ども用ではなく、高齢者が公園で体を鍛えるためのアスレチック器具になっているんです。

みんなの介護 そうなんですか。はじめて知りました。

浅田 公園に行くと、老人が鉄棒にぶら下がったり、サイクルマシンのようなものに跨っていたり、自由に体を動かしていますよ。たまに子どもが使おうとすると、「それはお年寄り用だよ」と注意される。中国では、老人はジムに行かなくても、公園でストレッチなどの体操ができるようになっているんです。その後、みんなで太極拳をやって帰ったりね。ああいうところは、日本の行政ももっと参考にしていいと思う。

あわせて読みたい

「浅田次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  10. 10

    自民重鎮 王毅外相何しに日本へ

    深谷隆司

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。