記事

「逆転勝利の匂い」トランプが崖っぷちで"トランス状態"をつくる全手口

1/2

11月3日のアメリカ大統領選に向け、2人の候補者がバトルを続けている。コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子氏は「現状、バイデンが優勢と伝えられていますが、トランプの岩盤支持者層の熱狂は冷める兆しがありません。炎上商法の元祖、ペテン師、ピエロとも言われますが、集会を宗教的トランス状態にして支持者を“洗脳”するコミュニケーション術は侮れません」という——。

2020年10月18日、ネバダ州のカーソンシティ空港で行われた集会の最後に踊るドナルド・トランプ米大統領。
2020年10月18日、ネバダ州のカーソンシティ空港で行われた集会の最後に踊るドナルド・トランプ米大統領。 - 写真=AFP/アフロ

選挙まで残り2週間、劣勢トランプが持つブードゥー的な魔力とは

アメリカ大統領選まで残り約2週間となった。

各種世論調査では、民主党のジョー・バイデン候補(77)が大きくリードしているが、現地ではそれを額面通りに受け取り、安心する人は少ない。ドナルド・トランプ大統領(74)が何やらブードゥー的な魔力を持っていると言われるからだ。

嘘と暴言と誹謗中傷と自画自賛を繰り返し、正直、品位のかけらもない人物ではあるが、いまだその岩盤支持者層の熱狂は冷める兆しがない。

10月30日に発売される拙著『世界最高の話し方』(東洋経済新報社)の中で、世界のリーダーたちのコミュニケーション術を分析する中で、トランプについても詳しく触れているが、今回は「彼の何がここまで人を心酔させるのか」について、掘り下げてみたい。

筆者が「トランプ教」の洗礼を受けたのは2004年のことだ。当時ニューヨークで暮らしていたが、その年の1月に始まったトランプ主役のリアリティ番組「アプレンティス(弟子)」に瞬く間に夢中になった。

事業家を志す若者たちが、彼の会社でさまざまな課題に挑み、最後に残った1人をトランプが採用する、という趣向で、毎回、落とされる人に向かってトランプが言い放つ「You are fired」(お前はクビだ!)は流行語になった。歯に衣着せぬ物言いが痛快で、大人気番組となり、筆者も毎週、楽しみにしていたものだった。

「悪名は無名に勝る」炎上商法の元祖はいかにして出来上がったのか

20代で父の会社を継いでから、彼は常に、メディアのスポットライトを独占し続けてきた。ビジネス、結婚、不倫、スキャンダル、一挙手一投足がメディアに取り上げられ、毎日のように、タブロイド紙の一面を飾ってきた。半世紀にわたり、メディアと付き合い、どうふるまえば、何を言えば、メディアに取り上げられるのか、人々が喜ぶのかを身をもって学んできた人物ということだ。

そこで、知ったのは「悪名は無名に勝る」ということ。「真実がまだパンツをはこうとしている頃、嘘の方はすでに世界を一周している」とはイギリスの宰相、ウィンストン・チャーチル(1874~1965年)の言葉だが、トランプは、真実よりも、センセーショナルな嘘、ポジティブな話よりも、ネガティブな話のほうが100倍伝わりやすいことを熟知している。正論よりもあえて、異論を選ぶ。日本でも、常識や当たり前の真実を否定し、わざと、悪漢ぶった論調で話題をさらう輩は少なくないが、まさに彼はそうした炎上商法の元祖のような存在だ。

スキャンダルも放言もくぐり抜け、ついた異名は「テフロントランプ」

メディアもセンセーショナルであるほど、視聴率を稼げるわけで、持ちつ持たれつの共存関係を長らく続けてきた。とにかく、露出をすればするほど、人々の記憶に残り、メッセージを刷り込むことができる。その「知名度」をてこに、ビジネスを拡大し、「億万長者」の虚像を作り出した。

どんなスキャンダルも放言もなぜかくぐり抜けてきたことから、「テフロントランプ」(※) と呼ばれる特異なキャラクター。その「毒を食らわば皿まで」的な居直り方は、人は毒や刺激も慣れてしまえば、麻痺してしまい、問題にならなくなることを知っているからであろう。

※編註:テフロン加工のフライパンと同じニュアンスで、なにが来てもツルンと避けられるようなイメージ。

極限まで許容の閾値を上げるために、あえて、聖人君子は気取らず、ヒール役として、刺激的な言い回しで、人々の関心をかき回し続ける。ただし、暴言、迷言、虚言は繰り返すが、絶対的なNGワードの1ミリ手前でとどまるところが非常に狡猾なのだ。

ここまでなら、単なる悪役・お騒がせキャラで終わってしまうところだが、彼のすごみは、「(ニューヨークの)五番街の真ん中に立って、誰かを銃で撃ったとしても、(彼に)投票してくれる支持者を失うことはないさ」と言いせしめるほどに、熱狂的ファンの心をつかむ魔術にある。彼の魔力を一言で言えば、彼は「いい人ではないが、(支持者を)いい気分にさせる天才」であるところだ。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。