記事
  • ロイター

ボリビア大統領選、モラレス氏後継の左派候補が優勢


[ラパス 19日 ロイター] - 南米ボリビアで18日実施された大統領選挙は、モラレス前大統領が選んだ左派候補、社会主義運動(MAS)のアルセ元経済・財務相が優勢となっている。

現地時間19日午前0時ごろにテレビ局が伝えた、選挙調査会社Ciesmoriの集計速報によると、アルセ氏は有効投票の52.4%を獲得。中道のメサ元大統領の31.4%を約20%ポイント上回っている。

公式の開票作業は全体の5%しか進んでおらず、出口調査の結果も遅れている。勝者は40%を得票し、2位候補に10%ポイントの差をつける必要がある。

モラレス氏はブエノスアイレスで会見し「これまでに分かっている情報すべてが、社会主義運動の勝利を示唆している」と述べた。モラレス氏は、選挙戦中アルセ陣営に細かく助言していた。

アルセ氏は、19日未明に首都ラパスで会見し、勝利宣言はしなかったものの勝利に自信を示した。

保守派のアニェス暫定大統領は、アルセ氏が当選したもようだと述べた。

正式にアルセ氏の当選が確定すれば、保守派にとっては打撃で、モラレス氏のイメージが高まる。モラレス氏は昨年の大統領選挙の不正疑惑で辞任し、現在はアルゼンチンで生活している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  4. 4

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  8. 8

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  9. 9

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。