記事
  • ロイター

ボリビア大統領選、モラレス氏後継の左派候補が優勢


[ラパス 19日 ロイター] - 南米ボリビアで18日実施された大統領選挙は、モラレス前大統領が選んだ左派候補、社会主義運動(MAS)のアルセ元経済・財務相が優勢となっている。

現地時間19日午前0時ごろにテレビ局が伝えた、選挙調査会社Ciesmoriの集計速報によると、アルセ氏は有効投票の52.4%を獲得。中道のメサ元大統領の31.4%を約20%ポイント上回っている。

公式の開票作業は全体の5%しか進んでおらず、出口調査の結果も遅れている。勝者は40%を得票し、2位候補に10%ポイントの差をつける必要がある。

モラレス氏はブエノスアイレスで会見し「これまでに分かっている情報すべてが、社会主義運動の勝利を示唆している」と述べた。モラレス氏は、選挙戦中アルセ陣営に細かく助言していた。

アルセ氏は、19日未明に首都ラパスで会見し、勝利宣言はしなかったものの勝利に自信を示した。

保守派のアニェス暫定大統領は、アルセ氏が当選したもようだと述べた。

正式にアルセ氏の当選が確定すれば、保守派にとっては打撃で、モラレス氏のイメージが高まる。モラレス氏は昨年の大統領選挙の不正疑惑で辞任し、現在はアルゼンチンで生活している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  3. 3

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  6. 6

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    小林麻耶の降板番組 3月末で終了

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。