記事

中国で、ニセモノが蔓延る理由

普段ですと中国語の記事の翻訳から入るのですが、『週プレNEWS』の「中国のパチモン製造技術がどんどん上がっている理由」という記事に多少思うところがあったため、今日はこれについて少し。


1 記事の紹介

 内容は元記事を見てもらえばそれで良いのですが、それではあまりに不親切と思ったので、簡単にめとめておきます。

 この記事で言わんとしていることは、ニセモノの質が上がったということです。そしてその理由として、分業化による技術の向上を挙げております。

 そして、その結果「未完成品は摘発できない場合があるので」摘発が難しいことが、こうしたことに更に拍車をかけているとしています。

 これらに対する対抗策として、「ある自動車部品メーカーは、その業者を吸収合併してしまうという形で、解決を図った例もあ」るということを紹介している記事です。


2 中国の教育制度

 中国にいると、本当によくニセモノを目にします。最近では大分良くなってきましたが、場合によっては本物を買おうしてもニセモノしか売っていないということもあったほどです。

 中国でこうしたニセモノが横行している原因について、国民性などを挙げる方がいますが、私は中国の教育制度がかなりの影響を与えていると考えます。

 これまで何度か指摘しておりますが、中国の場合科挙の伝統があるせいか、わかりまんが、学校教育は基本的に暗記重視の詰め込みです(大学院生の方が学部生より就職が難しい理由(中国の事例))。 

日本でも「詰め込み教育の弊害」などがいろいろマスコミをにぎわしたことがありますが、中国の場合もっと徹底しており、大学でも基本的に教官の話を聞いてそれを覚えるということが授業の中心となります。

 社会科学などが典型ですが、下手に自分でで考えられて、共産党一党独裁支配に都合の悪いことが良いなどということを言い出されても困るわけで、教官や教科書に書かれている内容をどれだけ暗記して、試験で回答するかが大事となるわけです。

 こうした人達の目の前に完成品が置けば、いつもの習慣で、それを真似しても不思議ではありません。そしてここから先が問題ですが、学校時代してきたことなので、真似をするのを悪いという認識があまりないという話になります。


3 個人的感想

 さらにまずいことに、DVDなどがその典型ですが、本物は1000円位するのに、その1/10の値段で複製品が売っているとなれば、どうしても皆複製品を買ってしまいます。

 記事では、「日本のメーカーによる買収」が解決した事例として挙がっておりますが、私が聞いた限りでは、これで解決するとは思えません。というのは、外国企業の下請けをしている中国企業が自分の工場で生産したものを横流しするという話を聞いたことがあるからです。

 こうなるとある意味正規品の横流しなので、当然ニセモノとの見分けは全くつきません。記事では触れておりませんが、個人的にはそうした中国企業のモラル(金さえ儲ければ何をしても良いという発想)が、最大の原因かと思っております。

 実際どこの国でも最初は他国製品の物まねから入り、日本もかつてはそうだったので、中国だけを批判するつもりはありませんが、あまりに中国が場合度が過ぎているのではなかという話です。

 そして、当然いつまで、物まねを続けるのかという問題もあります。中国の場合安い人件費を武器に製品を組み立て驚異的な経済成長を遂げたわけですが、人件費が高騰しており(大学初任給と肉体労働者給料)、今後こうした政策をどこまで続けられるかというとかなり疑問です。

 確かに詰め込み教育は短期間で大量の者の底上げを図ることができるので、まさしく現在の中国には適した教育方法だったのでしょう。しかし、今後必要とされるのは、明らかに新しいモノを作り出せる人材なので、そうなると今度は逆にこうした教育制度がデメリットとなるかもしれません。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  2. 2

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  3. 3

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  6. 6

    対コロナ戦争の誇り高き勝利国インドを地獄に叩き落とした変異株 東京五輪は本当に可能なのか

    木村正人

    05月17日 09:33

  7. 7

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  8. 8

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

  9. 9

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  10. 10

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。