記事
  • ロイター

欧州復興基金の配分、遅滞なく実行を─ECB総裁=仏紙


[フランクフルト 19日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は19日、仏ル・モンド紙に対し、7500億ユーロ規模の欧州復興基金「ネクスト・ジェネレーションEU」を遅滞なく配分するべきとの認識を示した。

同復興基金を巡っては、融資スキームの細目などで各国間に意見の隔たりが大きく、新型コロナウイルスの影響が甚大な国に早期に資金が届かないリスクが高まってきている。

ラガルド総裁は同紙に対し「欧州委員会は、2021年初めの支援金分配を目標としている。スケジュールは守るべきだ」と述べた。その上で「特に議会による措置の承認受け入れなど、政治面でも迅速な進展が必要だ」とした。

支援は対象を絞ったものであるべきとし、そうでなければコロナ後に対応する社会の変容の支援に失敗する、とした。

さらに同総裁は「危機時に導入された財務面でのセーフティーネットが、性急に撤去されないことが必要だと考える」と述べ、復興資金を恒久的な措置にするよう欧州各国が検討すべきとの見解を表明。一部のより保守的な国がタブーとしている領域にも踏み込んだ。また、ユーロ圏共通予算の恒久化を議論すべきとも述べた。

金融政策面では、ECBの手段は枯渇していないとするこれまでの認識を再表明し、必要があれば刺激策を講じるとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  5. 5

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  6. 6

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  9. 9

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。