記事

人気のシニア向け実話誌 読者は郊外の50~70代独身男性

「シニア向け実話誌」がなぜ人気を集めるのか

 出版不況と言われて久しい中、次々と新雑誌が創刊されているジャンルがあるという。「シニア向け実話誌」──どんな内容で、何が熱く支持されているのか。

「昭和アイドル2大対決 松田聖子VS中森明菜」「おじさんが恋愛対象 達人10人が教える愛人・セフレの作り方」
「50歳からのオモシロ資格講座」

 これらの見出しは、「シニア向け実話誌」と言われる雑誌のもの。芸能ゴシップや暴力団記事がメインの既存の実話誌に対し、50代以上向けのエロ企画などを売りにした新たな実話誌が次々と発刊されている。

 牽引役的存在が、2018年5月創刊の『実話ラヴァーズ』(大洋図書)だ。編集長の比嘉健二氏が言う。

「売り上げは号を追うごとに増え、現在は約10万部。大都市だけでなく地方都市のコンビニでよく売れるのが特徴です。ブームを受け、ウチでは月刊、隔月刊、増刊や季刊など新シリーズを刊行していますし、ライバル社からも同様の動きが止まりません。いずれも読者は50~70代の郊外に住む独身男性が多い」

 同誌の人気を支える目玉企画が「あなたの愛人にしてください」。20代から中高年まで、素人女性が誌面で「愛人」を公募するコーナーだ。〈気軽に出会えて、真剣なお付き合いができる〉と謳われていて、読者は気に入った女性にハガキや手紙で自己紹介や連絡先などを書いて編集部に送るだけ。自分の写真を添えるだけでなく、便せん何枚にも及ぶラブレターを送ってくる読者もいるという。

「編集部が関与するのは届いた手紙を女性に渡すところまで。返信するかどうかは女性に任せています。創刊時からの人気企画ですが、毎号、デパートの大きな紙袋がいっぱいになるほど手紙が届きます」(比嘉氏)

 女性との出会いを求めるなら、パソコンやスマホの出会い系サイトを利用すればいいし、ネットにはアダルト動画や画像が溢れている。なぜ紙媒体や「手紙」というアナログなものが受けているのか。アダルトメディア研究家の安田理央氏が語る。

「シニア世代は、若い頃から週刊誌などを読み、活字を楽しんできました。女性に思いを伝える手段も、かつてはラブレターだった。ネット全盛の時代に、ネットが苦手という人たちは、紙媒体の文字に飢えているんです」

 人気を博すシニア向け実話誌だが、発刊が相次いでいるのにはこんな事情もあるようだ。

「東京五輪開催を控え、コンビニで成人向け雑誌が置かれなくなるということで、『コンビニに置ける実話誌を作れないか』という打診があったんです。結果的に、積極的に性や出会いを求めるシニア男性のニーズにハマったのではないでしょうか」(比嘉氏)

 前出・安田氏は、今後もシニア向け実話誌のブームは続くと見る。

「今のシニア世代は雑誌文化に慣れ親しんできたので、とくにネットをやらない人たちは活字に飢えている。以前は雑な記事も多かったが、昭和のエロなど資料性がある作り込んだ記事もある。エロも活字も求めるシニア層にとって、ちょうどいい読み応えのある雑誌としてしばらく人気は続くのではないでしょうか」

 欲望のある限り、それに応えるメディアもなくならないということだ。

※週刊ポスト2020年10月30日号

あわせて読みたい

「雑誌」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  9. 9

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  10. 10

    コロナ起源は輸入冷食 中国主張

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。