記事
  • ロイター

中国の輸出管理法、日本企業に影響も 域外適用など注視=加藤官房長官


[東京 19日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は19日午前の会見で、中国が安全保障上の措置として輸出管理法を成立させたことについて、日本企業の活動に影響する可能性があり、高い関心を持っていると述べた。

同長官は同法について「安全保障を理由とする規制や域外適用の可能性など、今後の動きを注視したい」と述べた。

東芝<6502.T>が次世代の暗号技術「量子暗号通信」を来年事業化すると発表したことについて、将来の経済に資する技術だと評価。安全保障にとっても重要な技術であり、政府として開発を引き続き支援していくと述べた。

菅内閣において行政手続きの押印廃止を進める中、国税関係についても、国民の利便性に鑑み、来年度税制改正に向けて財務省で見直しを進めていると承知していると語った。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  7. 7

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

  10. 10

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。