記事

外環道路工事の影響? 住宅地で道路が陥没

 10月18日、調布市東つつじケ丘の住宅街の道路が陥没した。工事が進められている外環道路のルート上にあり、工事の影響かが注目される

 陥没した場所は、東京新聞によると幅5メートル、長さ3メートル、深さ5メートルほどの穴が開いた。9月中旬には直径16メートルのシールドマシンが大深度地下((40メートル)を通過したばかりだった。けが人はいなかったという(※)。

 19日の朝に現地に行ってみたが、外環道路の工事関係者はいたものの特に説明はなかった。武蔵野市の担当者に聞いてみたが市には情報が入っていないとしていた。

 陥没した場所に接している住民に聞くと、家の中への影響はない。陥没した道路と接続しているガレージにも特に変化はないと話していた。ただ、工事の音は以前からあったとされていた。

このガレージを工事関係者が調べていたが、特に異常はないようだった。川名も周辺を見てみたが、この場所以外での影響は見つけられなかった。

 陥没個所は、18日中に埋め戻されどの程度の陥没なのかは分からない状況だ。陥没事故が起きた場合、周辺に広がらないようにすぐに埋め戻すことは行われると聞くが、原因も調べないで埋め戻すことに不安を持つ意見はある。

 現状では原因は不明だが、やはり外環道路工事の影響が強く懸念される。もし工事の影響であれば他の場所でも同じことが起きる可能性があるからだ。早期の原因究明と工事の一時停止が必要ではないだろうか。

情報が入り次第、続報します。

東京新聞 調布の住宅街で陥没 外環道トンネル工事のルート真上 以前から振動が問題に(2020年10月18日)

あわせて読みたい

「東京都」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。