記事

トランプ信者 「真実か否かの基準はトランプのツイッター」

退院後のホワイトハウスでのトランプ氏演説に支持者が熱狂(写真/CNP/時事)

 トランプ大統領の新型コロナ感染で、いよいよ再選は絶望的に……という大方の予想を一切信じないのが、熱狂的なトランプ信者たちだ。ジャーナリスト・横田増生氏が拾い上げた彼らの肉声を聞けば、米国の絶望的な“分断”が浮かび上がってくる。

【写真】黒のスーツに民主党のイメージカラー“ブルー”の綿シャツ目立つジョー・バイデン氏

「大統領が圧勝する」

「トランプ大統領が再選する確率だって? 100%に決まっているだろう。世論調査でバイデンがリードしているという数字は、4年前と同じで、単なるフェイクニュースだよ。第1回の討論会も、大統領は見事だっただろう。司会者が、大統領の発言を何度も遮ったのがいただけなかったけれどね。11月は、大統領の圧勝で終わるよ」

 そう話すのはミシガン州在住のロブ・コーティス(55)だ。2016年の共和党大会でトランプ(74)が大統領候補に指名されると、それまで働いていた映像制作会社を早期退職し、トランプの私設応援団長となることを決めた。

 ピックアップトラックで「TRUMP UNITY(トランプで団結)」と書かれた看板を載せた長さ15メートルの荷台を引っ張ってアメリカ中を走り回る。運動資金は、支援者から集めた1万ドル以上の寄付で賄っている。

 トランプの支援者集会や、トランプの訪問先に取材に行くと、必ずこうした支援者に出くわす。

 8月下旬にペンシルバニア州で開かれたトランプの支援者集会で出会ったエドワード(65)もそんな1人だ。米陸軍に所属し、ベトナム戦争に2回、合計8年間従軍し、退役後の会社勤めも終え、今は引退の身だという。

 そのエドワードに、17万人を超える(当時の数字で現在は21万人超)死者を出した新型コロナに対するトランプの対応について訊けば、

「新型コロナに関してトランプは、最善の手を打ったよ。それに、新型コロナの死者が17万人を超えているというのはウソだよ。CDC(米国疾病対策センター)の発表だって? フェイクニュースだ。

 フロリダでは交通事故で死んだのに、解剖後にコロナに感染しているのが分かり、コロナによる死亡者にカウントされた例もあっただろう。今の発表されている数字は、現実より大きな数字になっているんだ。なぜかって? コロナによる死者数や経済的な打撃が大きいほど、トランプの再選に不利に働くからさ。すべてが政治なんだ」

──フェイクニュースと事実とは、どこで線引きするのですか?

「トランプからのツイッターだよ。大統領から直接、言葉が届くんだ。ツイッターの内容が真実かどうかを判断する基準になる。選挙で国民に選ばれてトランプは大統領になったんだから」

──トランプは大統領就任以来、2万回を超える事実とは反する発言をしています。

「それはだれが数えたんだい。『ワシントン・ポスト』や『CNN』だろ? 奴らがフェイクニュースなんだから、そんなのあてになるわけがない」

 トランプ同様、その支援者も「フェイクニュース」という言葉を好んで使う。自分に敵対するメディアをフェイクニュース呼ばわりするトランプの姿勢は、これほど見事に支持者に浸透している。

 こうなってくると、単なる支持者というより、“トランプ信者”に近い。信者にとっては、教祖であるトランプがどれだけウソをつこうが、コロナに罹ろうが、その信心に揺るぎはない。何があっても11月にはトランプは再選する、と信じる。

 アメリカを取材して回るとこうした“トランプ信者”が、有権者の2、3割を占めていることが体感として分かる。裏腹に、トランプを蛇蝎のごとく嫌う人たちもいる。

 トランプがコロナに罹ったことが分かった10月1日、民主党の大統領候補のジョー・バイデン(77)がミシガン州西部のグランドラピッドに来るというので、支援者たちに話を聞きに行った。

 地元に住むロン・ジャッピー(70)は、トランプがコロナに罹ったというニュースを聴いた時、「この世にも正義があるんだと思ったよ」と語る。

 2年前まで家具会社を経営し、現在は引退の身であるジャッピーは、これまで共和党を支持してきたが、トランプだけは受け付けない、と言う。

「テレビ番組の司会者時代から、トランプがテレビ画面に出てくると、チャンネルを変えたほど嫌い。ビジネスマンとしても破産を繰り返し成功してないし、周りの人をけなすばかりで、人格的にも大いに問題がある。こんな男に、アメリカという国家のかじ取りを任せるわけにはいかない」

 チャールズ・ワースフォールド(71)は、トランプがコロナに罹ったというニュースにはまったく驚かなかった、と言う。

「あれだけ科学者の言うことを聞かず、マスクもせず、ソーシャルディスタンスも無視して、自分勝手に行動していれば、当然の結果だと思うね。はっきり言って、トランプには快復してほしいとさえ思ってない」

■横田増生(ジャーナリスト・Support by Slow News)

【プロフィール】
よこた・ますお/1965年、福岡県生まれ。アイオワ大学ジャーナリズムスクールで修士号。1993年に帰国後、物流業界紙『輸送経済』の記者、編集長を務め、1999年フリーランスに。2020年、『潜入ルポ amazon帝国』(小社刊)で新潮ドキュメント賞受賞。他の著書に『仁義なき宅配』『ユニクロ潜入一年』など。

※週刊ポスト2020年10月30日号

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    立ち食いやきそば コロナで閉店

    田野幸伸

  4. 4

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  5. 5

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  6. 6

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  10. 10

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。