記事

アスリートも「ストライキ権」を行使できる労働者?ー 穏便な対話では変わらない社会に実力行使を

1/2

「スポーツに政治を持ち込むな」「スポーツ選手は粛々とプレーしてろ」そう主張する声も少なくない。だがこれは、いつも通りスポーツ観戦できれば、自分の知らない誰かが死のうと構わないということなのか。多くの命が理不尽に奪われている現状に、おかしいという気持ちは湧かないのだろうか。選手たちは好きでスポーツに政治を持ち込んでいるわけではない。「あきらかにおかしいこと」を変えようと、穏便に訴えても一向に変わらない現状に業を煮やし、より強くアピールできる手段を行使しているのだ。
==

2020年8月23日、ウィスコンシン州ケノーシャで黒人男性のジェイコブ・ブレイクが背後から警官に銃撃された。この事件への抗議を示し、8月26日、米プロバスケットボール(NBA)のミルウォーキー・バックス(同じくウィスコンシン州拠点)の選手らはプレーオフをボイコット。この行動は黒人アスリートたちによる抗議運動の方向性を根本から変えるものとなった、ペンシルベニア州立大学准教授で黒人アスリートの抗議活動に関する研究者アブラハム・I・カーンの寄稿記事を紹介する。

NBAの選手たちが試合をボイコットし、アスリートによる抗議活動は新たな段階に上がった。 Joe Murphy/NBAE via Getty Images

昨今のアスリートたちは社会問題に対する人々の“意識を高め”、“関心を呼ぶ” ためにスポーツの場を利用することが増えている、メディアではそう語られがちだ。しかし、人々の問題意識には限界があるし、こうした黒人差別を起因とする事件が起きても、いわゆる「構造的な変革」に結びつくことはまれだ。

ミルウォーキー・バックスの抗議に続き、多くの選手が試合拒否を表明したが、それは一部のコメンテーターが言ったように“問題意識を表明する” といったものではない。彼らが行ったことは、事実上の「ストライキ」だ。自分たちが経済的にも多大なる影響力を持っていることを世界に見せつけたのだ。

アスリートの抗議活動は2012年から加速

筆者が「黒人アスリートによる抗議運動」の研究を始めた10年ほど前は、運動は減少傾向にあると思われた。マイケル・ジョーダンやタイガー・ウッズは当時「マーケティングの神様」と崇められ、スポーツ界はグローバル資本主義の金満な世界に取り込まれていった。リスクを避けたいスポンサー企業と高額な広告契約を結んだ黒人アスリートたちを、富を約束される代わりに良心を売ってしまったと批判する者たちもいた。

1997年、ニューヨーク市のナイキタウンにて自身がデザインしたアパレルの発表を見るマイケル・ジョーダン AP Photo/Kathy Willens

しかし2012年頃から、流れが変わり始めた。フロリダ州で17歳の黒人少年トレイヴォン・マーティンが路上で自警団員の男に殺害された事件を受け、NBAマイアミ・ヒートの選手たちが抗議の象徴となったパーカーを着た写真を拡散したのだ*1 。



その2年後、アスリートの抗議活動はさらに加速する。発端は、NBAロサンゼルス・クリッパーズの選手らが、チームオーナーのドナルド・スターリングによる人種差別的発言に抗議の意を示したこと。ニューヨーク市警察によるエリック・ガーナー殺害*2 が起きると、NBAのスター選手たちは “息ができない(I Can’t Breathe)”と書かれた抗議Tシャツを着てウォームアップに参加した。



ミズーリ州ファーガソンでマイケル・ブラウン*3 が殺害された際には、全米フットボールリーグ(NFL)のセントルイス・ラムズの選手5人が、両手を挙げた「撃たないで」のポーズでスタジアムに入場、事件への関心を促した。スポーツチャンネル「ヴァイス・スポーツ」は、2014年を「アスリート抗議活動の年」と呼んだ。



2016年、NFLのコリン・キャパニック選手は警察の残虐行為に抗議し、国歌斉唱中に(起立を拒んで)ひざまずく行動に出て、この姿はその後、抗議活動を象徴するものとなっていった。



2020年夏、ジョージ・フロイド*4 の殺害に抗議してNFLのトップスター選手らが#BlackLivesMatter の動画を撮影。NFLコミッショナーのロジャー・グッデルは、キャパニック選手が事実上フットボール界から追放されたことに見て見ぬふりをしてきたが、この期に及んで「もっと早く選手の声に耳を傾けるべきだった」と認めた。



*1 人種差別主義者は、殺害された少年が着ていたパーカーが「黒人ギャングの典型スタイルだ」として、殺されたのは自業自得との論陣を張ったことから、マーティンが着ていたパーカーが抗議活動の象徴となった。

*2:2014年7月、ニューヨーク州でアフリカ系米国人男性エリック・ガーナーが警官から腕で首を絞められ死亡した事件。ニューヨーク市警察(NYPD)は、絞め技をかけた警官を解雇したが、ガーナー氏が死に際に口にした言葉「息ができない」は後に、警察による残虐行為への抗議スローガンとなった。

*3:2014年8月、アフリカ系米国人のマイケル・ブラウン(18)がコンビニエンスストアから出てきたところを窃盗容疑により警官に射殺された。丸腰のブラウンに対して10発を発砲した警官の残虐性に非難が高まり、その後の暴動や略奪に発展した。

*4:2020年5月、アフリカ系米国人男性ジョージ・フロイドが米国ミネアポリス近郊で、警察官の不適切な拘束方法によって死亡した。

あわせて読みたい

「スポーツ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  8. 8

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  9. 9

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  10. 10

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。