記事

佳子さま、紀子さまと深い溝 叱責受け「あらぬ言葉」で応戦

紀子さまと言葉を交わされることは少ないという(撮影/横田紋子 1月23日、東京・文京区)

 ご結婚問題に揺れ、眞子さまと紀子さまの“距離感”が報じられることは多い。だが、ある皇室関係者は「紀子さまとの溝が深いのは、むしろ佳子さまの方」と言う。すれ違いを決定づけた、母娘のぶつかり合い──。

【写真】マスク姿で淡いピンク色の着物を着た紀子さま

「大変な状況のなか、開催できたことをうれしく思います。ただ、新型コロナでスクールを辞めた人がいたことが本当に悲しいです……」

 10月初旬、都内の市民ホールで、あるダンススクールの発表会が行われた。ステージでは多彩なダンスが繰り広げられ、観客席からは大きな拍手が送られる。だが、発表会の終盤、主催者はさみしそうにそうつぶやいた。

「発表会は、秋篠宮家の次女の佳子さまが通われるダンススクールによるものでした。佳子さまは昨年、発表会に参加され、『へそ出し衣装』で妖艶なダンスを披露されて話題になりました。しかし、残念ながら今年は参加されなかったようです。新型コロナウイルスの影響を考慮され、スクール通いを自粛されているのでしょう」(皇室記者)

 佳子さまは、学習院女子高等科時代にも文化祭でダンスを披露されるなど、長年、趣味でダンスに取り組まれてきた。平時であれば、今回の発表会にも出演され、会に華を添えられたに違いない。「ただ、紀子さまは内心、安心されているのではないでしょうか」とは、ある皇室ジャーナリストだ。いったいどういうことなのか──。

 佳子さまは9月27日、鳥取県で行われた「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式に動画でお言葉を寄せられた。

「実は、コロナの感染が拡大してから、公務で出席される予定だったイベントに動画でメッセージを寄せられたのは、皇族方の中で佳子さまが初めてです。内親王で次女というお立場上、新しい取り組みに挑戦しやすかったのでしょう。10月10日には『国際ガールズメッセ』にもビデオメッセージを送られるなど、積極的な姿勢を見せられています」(宮内庁関係者)

 とはいえ、佳子さまの“お出まし”の回数が増えたのは、今年に入ってからだという。

「佳子さまは秋篠宮家のなかで、“最もご動静が表に出てこない方”といわれています。大学卒業後は大学院に進学されるわけでもなく、就職をされたわけでもない。“普段は何をして過ごされているのだろう”と関係者の間で話題になるほどでした」(前出・宮内庁関係者)

 なかなか表にお姿を見せられない佳子さまは、一部では「趣味のダンスだけをされている“高等遊民”」などとも報じられた。

“サークルや部活には入らない方がいい”

 佳子さまは一時「美しすぎるプリンセス」と評され、普段は皇室に関心を持たない人たちからも“アイドル級”の人気を博し、注目を集めていた。しかし、それが一転、いまでは批判的な声が少なくない。その背景には、いまの秋篠宮家に吹く逆風がある。長女の眞子さまと小室圭さんのご結婚問題がいっこうに解決しないことで起きた向かい風。だが、それもようやく動き出そうとしている。

「秋篠宮さまが皇嗣となられることを示す『立皇嗣の礼』の開催が11月8日に決まりました。その後、伊勢神宮(三重県)への参拝など、一連の行事が落ちついた頃には、眞子さまのご結婚について何らかの発表があるのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

 眞子さまのご結婚が動き出し、宮家への逆風も止まる──しかし一方で、佳子さまと紀子さまの間には、深い溝が生まれているという。その原因は、冒頭でも触れた「ダンス」だ。

「佳子さまは高校時代にダンスに夢中になられ、大学でもダンススクールに通われました。ですが、紀子さまはそうしたご活動に対して、あまり快く思われなかったようです」(別の宮内庁関係者)

“皇族とはいえ、子供たちは好きなことをやるべき”という秋篠宮さまのお考えのもと、秋篠宮家はプライベートを尊重する教育方針だとされる。そうしたなかでも、紀子さまが佳子さまのダンスに否定的になられたのには理由がある。

「眞子さまの“プライベート写真流出”が原因です。2011年、眞子さまが大学時代に所属されていたスキー部の合宿中、男性とのツーショット写真や、お酒が並んだテーブルの横でピースサインをする写真が明るみに出ました。

 紀子さまは、それをトラウマのように感じられたそうです。娘たちのプライベートへの関与を強くされ、“写真などが出るくらいならサークルや部活には入らない方がいい”と、大学に入学された佳子さまにサークル活動を禁止されたそうです」(別の皇室ジャーナリスト)

 そうして、希望されていたダンスサークルでの活動を“禁止”された佳子さまは、学外での活動として前出のダンススクールに通われるようになった。しかし、かえってそれが大きく報じられ、ハレーションを生んでいった。

 以前からプライベートを巡り、おふたりは度々ぶつかってこられたという。

「紀子さまは佳子さまの公務の服装だけでなく、私服や髪形について指摘されることが多かったと聞きます。高校時代にはスカートの丈を巡って、激しい言い争いになったこともあるそうです」(前出・別の宮内庁関係者)

佳子さまと紀子さまはいわば“冷戦状態”

 そうして段々と、佳子さまは紀子さまと距離を置かれるようになったそうだ。

「家を居心地悪く感じられることもあったのでしょう。お住まいのある赤坂御用地(東京・港区)を出られ、近くのカフェで時間をつぶされることもあったそうです。通学の際に家を出られるときには、“行ってきます”“行ってらっしゃい”といった親子の挨拶も、次第に減っていったと聞きます」(前出・別の宮内庁関係者)

 そうした母娘のすれ違いを決定づけたのが、2015年の出来事だった。大学の課外授業で外出された佳子さまの「タンクトップ姿」が報じられた。

「紀子さまは報道が出て初めて、佳子さまがどのような服装で出かけられたのかをお知りになったそうです。これまで気にかけて、注意もされてきた佳子さまの服装が、そうした形で大きく報じられたことに、落胆だけでなく怒りも覚えられ、佳子さまを強い言葉で叱られたそうです。しかし、佳子さまも強く反発し、あらぬ言葉で“応戦”されたと聞きました」(前出・別の宮内庁関係者)

 そのときの激しい怒号のぶつかり合いが、母娘の断絶を根深いものにしたようだと、その宮内庁関係者は語る。近頃はもはや、言葉を交わされることも少ないという。

「紀子さまが宮家の中でご自分の意見を主張されるとき、佳子さまは言い返すことなく黙って見ていることが増えたようです。それは、関係が穏やかになったのではなく、いわば“冷戦状態”です。

 佳子さまは眞子さま同様、“結婚をして、早く皇室を出たい”というお気持ちを強く持たれているようです。ですが、眞子さまのご結婚問題が解決する前に佳子さまが結婚されることを、紀子さまはお認めにならないはず。佳子さまはダンスもご結婚もできない、八方塞がりの状態にあるのです」(皇室関係者)

 秋篠宮家でくすぶる火種は尽きないようだ。

※女性セブン2020年10月29日号

あわせて読みたい

「佳子内親王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  4. 4

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。