記事

中曽根さんの新憲法制定構想を継承するのは、自民党の中ではどなただろうか

中曽根さんの内閣・自民党合同葬儀が特別の騒乱もなく、平穏理に終了したようである。

中曽根さんは確かにスケールの大きい政治家であった。
首相公選制を主唱していたくらいだから、憲法改正推進の先頭に立っておられたことは間違いない。

101歳で亡くなられたのだから、天寿を全うされたと言っていいだろう。

ご自分のご子息や孫が国会議員になるのをしっかりご自分の目で見届けられたのだから、普通の感覚で言えば、ご自分の人生には何の悔いも残らないはずだ。

しかし、実際には大変な悔いを残されて旅立たれたのではないかと思っている。

中曽根さんは、自ら憲法改正草案を起草されたり、独自の新しい憲法前文を提案されていた。
中曽根さんが提案された新しい憲法前文はやや古色蒼然としていて、若い方々には到底受け容れられないだろうな、と思ったが、中曽根さんが議員辞職後も憲法改正をご自分の最大の政治課題と認識されていたことは、当時衆議院の憲法調査会や自民党の憲法調査会に所属していた私にもよく分かった。

結局、中曽根さんの悲願は達成されないままに終わったことになる。
中曽根さんに、悔いはありませんか、と聞けば、多分自分の目の黒い内に憲法改正が実現出来なかったのは実に残念だ、くらいのことは仰ったかも知れないな、と思っている。

「中曽根さんの提案とはまったく中身は変わってしまうでしょうが、いつかは、私たちの手で、『新しい時代に相応しい新しい憲法』を制定したいと思っております。

それが、中曽根さんに対する私の追悼の言葉である。

なお、私の言う「新しい時代に相応しい新しい憲法」は、自民党がこれから起案しようとしている改憲4項目程度のものではない。
中曽根さんの思いはもっと深く、もっと広かったはずだ、というのが、私の率直な感想である。

あわせて読みたい

「中曽根康弘」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  3. 3

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  4. 4

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  5. 5

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  6. 6

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  7. 7

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  8. 8

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  9. 9

    民主党の辞書に反省の文字はない

    非国民通信

    09月21日 20:34

  10. 10

    中国恒大デフォルト懸念広がる、影響の大きさなお不透明

    ロイター

    09月22日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。