記事

中曽根元首相・合同葬 田中は官邸報道室にツマミ出された

御用マスコミ以外ノ立入リヲ禁ズ。検問はことの他厳しかった。=17日、港区内のホテル 撮影:田中龍作=

 政府と自民党による中曽根元首相の合同葬が、きょう17日、都内であった。

 故人の評価はさておき、血税を投じて営まれるのだから、国民目線で合同葬のもようを伝える必要があると考え、葬儀会場に向かった。

 記者クラブやそれに準ずるメディアでなければ入れないことは百も承知だ。要はどうやって潜り込むかだ。

 昨日16日、会場となる港区のホテルを下見した。表からがダメだったら、裏から入れるか。誰何されるとしたら、どこで止められそうか・・・などをチェックするためだ。

 きのうは裏から入ったが途中でガードマンに見咎められ、「リボンは?」などと詰問された。当日の警備は相当に厳重であることが予想された。

 きょう17日は、正面からタクシーで入ることにした。ホテルにつながる私道で警察から、10分間ほど止められ、誰何されたが、とりあえず玄関まで行けた。

 「故中曽根康弘 内閣 自由民主党 合同葬儀場」。白地に黒色で書かれた巨大な看板が目に飛び込んできた。

会場の入り口にズラリと並んだ自衛隊員。ざっと数えて200人はいた。タカ派で鳴らした故人は天国で微笑んでいることだろう。=17日、港区内のホテル 撮影:田中龍作=

 記者クラブメディアは向かって右隅の一か所に集められていた。近くにいたりすると政府の役人にチクられるのが常だ。

 田中は記者クラブご一行様がいる所から離れ、柱の陰で息を潜め、ここで取材を続けることにした。

 小泉純一郎元首相、伊吹文明前衆院議長、石破茂元幹事長・・・お歴々が高級車で乗りつけた。民主党の菅(かん)直人元首相の姿もあった。

 20分間も経った頃だろうか。ホテルの職員から、マスコミだまりの方に行くように要請された。

 そちらに行くと、役人とおぼしき人物から「どちらの社の方ですか? 登録はしてますか?」と問われた。

 田中は「いいえ。あなたこそ誰ですか?」と問い返した。役人とおぼしき男は「官邸報道室です」と麗々しく答えた。

 「きょうは登録してなかったらダメです。ここから出て行ってください」とお上のご意向を示した。田中の命運はここで尽きた。

 中曽根首相(当時)は国鉄を民営化し派遣労働を導入するなどした。日本人を貧乏のどん底に叩き落とす新自由主義を持ち込んだ張本人でもある。

 盟友ナベツネ翁の弔辞が聞けなかったのは残念だった。

「葬式も民営化しろ」「労働者の敵、中曽根の葬式に税金出すな」・・・葬儀に反対する人々が最寄駅で抗議の声をあげた。=17日、品川駅前 撮影:田中龍作=

      ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「中曽根康弘」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  5. 5

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  7. 7

    ニトリが島忠にTOB 家具業界の変

    ヒロ

  8. 8

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  9. 9

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。