記事

杉田水脈議員が陥った「保守ムラ」の罠~「オタサーの姫」とそれを利用する中高年男性~

1/2

[画像をブログで見る]

 杉田水脈自民党代議士が、「女性はいくらでもうそをつけますから」発言について、当人は自身のブログで事実関係を否定したが一転事実を認め、現在では”ブログで謝罪したことについて「党の政務調査会と協議しながら書いている」と説明”した。

 杉田議員をめぐる問題は、自民党が党として氏になんら実効的な懲罰を与えていないという事実を以て、一向に収束する気配はない。

 私はこの問題をめぐって、杉田氏が元来封建的で人権軽視の価値観を「自民党公認以前」から有しており、また杉田氏らを熱心に支持する保守層・ネット右翼層がいかに杉田氏を「ネット右翼会の寵児」に持ち上げたのか。

 その大まかな源泉を探る記事を先般書いた「杉田水脈議員はなぜ「ネット右翼界」の寵児になったのか?その源流「出版社X人脈」を探る」。

 本稿でそれを踏まえて、杉田氏がこのような差別的、女性蔑視的価値観を抱くにあたった「保守ムラ」特有の狭窄的な周辺状況を描くことによって、「杉田問題」の核心に迫る。

・保守ムラ女性の3類型

筆者制作

 前記記事で示した通り、杉田氏が保守界隈・ネット右翼界隈(以下これを総称して保守ムラと呼称する。まさに閉鎖的なムラ社会と近似しているからだ)で急激に認知度が高まったのは、杉田氏が維新→次世代に移籍し、2014年総選挙で落選して下野してから。

 つまり非議員時代における保守ムラの中での累々たる活動実績によるものであった。これにより、杉田氏はむしろ下野時代に大きくその知名度を向上させ、それが結果的に杉田氏の自民党比例中国での優遇に結び付いたのである。

 保守ムラは、日本のどんな組織体もそうだが、とりわけ男性寡占の世界である。2013年に私が大規模に調査したところ、その構成比率は男性75%、女性25%というものであったが、約7年を経てもこの基本的構造に微塵も変化はない。

 そして保守ムラの75%を占める男性は、おおむね中高年が支配しており「中高齢男性による男性優位社会」である。

 保守ムラでは、杉田氏以外にも少なくない数の女性論客や文化人が居る。

 このような中にあって、保守ムラでは女性活躍とか女権擁護といった問題提起がなされることは極めて少なく、基本的に保守ムラにおける女性論客は、既存の「中高齢男性による男性優位社会」に追従し、彼らの留飲を下げる言説を採ることで、保守ムラにおける地位向上に結び付くことが、私の観測上常道である。

 つまり保守ムラに於いて、女性論客や文化人、活動家がその地位を向上させるためには、まず保守ムラを寡占的に支配する中高年の男性の封建的価値観に追従することが最も手っ取り早い方法ともいえる。

 保守ムラにおける女性論客や文化人、活動家の形態は、図表で示した通り大きく3つの類型に大別される。

・1型(慰安婦問題追求タイプ)は、女性でありながら歴史的に被害者の側である女性が被った慰安婦問題について、「朝日新聞の捏造」とか「でっちあげ」とか「彼女たちは高給取りの追軍売春婦に過ぎない」などと喝破する者で、保守ムラにおける女性論客や文化人、活動家の中では最も多い類型である。

 従軍慰安婦問題は、その基本的構造が加害者側=男性、被害者側=女性となるので、加害者である男性は歴史的経緯の検証等からこれを批判するが、「所詮は男性側の目線」と反発されると道徳的正当性が揺らぐ。

 しかしこの問題を、被害者である女性から批判の前衛として展開してくれれば、「本来被害者である女性の側から慰安婦は嘘だ、という声が沸き起こっている」という説得力と道徳的正当性が担保されるので、保守ムラの中では極めて「歓迎」されるタイプである。

 男性論客が慰安婦問題を否定・批判しても、根源的なところで「戦時における男性側のむき出しの性欲を肯定するのか」という「後ろめたさ」を指摘される。その点、被害者であるはずの女性からの「そんなことは無い」という声は、保守ムラにおける中高年男性の「後ろめたさ」を払拭する最も端的な行動である。

 事実、韓国の対日批判として繰り返される従軍慰安婦問題について、「女性でありながらそれに反対する」という趣旨の『なでしこアクション』(2011年設立)が、その代表者を筆頭にほぼ保守系の女性で構成されているのが証左である。杉田議員は、この慰安婦問題において「女性でありながら女性の戦時性暴力を否定する」という活動で一躍下野期間中に保守ムラの寵児となった。

・2型(封建的家父長制追認タイプ)は、女性でありながら保守ムラの中高年男性に根強い封建的家父長制的価値観への追従と賛同であり、それと対をなして女権活動家やジェンダーフリー、女性の地位向上などを否定するタイプである。

 これも保守ムラにおける女性論客や文化人、活動家に極めて多い類型であると言える。「女性(妻)は一歩下がって男性(夫)を支える」という、戦時期に推奨された「銃後の守り―国防婦人会」的発想であるが、これも男性が寡占的な保守ムラの中で、男性側からこれを強く言ったのでは道徳的正当性が担保されず批判されかねない。

 しかし社会的地位が低く、さまざまな部分で被搾取されがちとされる女性側からこのような封建的家父長制が追認されると、保守ムラの男性にとっては留飲を下げる結果となり、これも非常に強く「歓迎」される風潮にある。

男女同権(平等)は実現不可能な妄想」と著書で明記した杉田議員も、もれなくこの類型に当てはまる。

 だが、実際にはその評価はどうあれ、自身が保守ムラという狭い空間の中で男性と同等の活動をしたり、自身の私生活について必ずしもこのような封建的家父長制的価値観に沿った生活がなされていない場合もあるが、その部分は無視される傾向にある。

・3型(外見的女性性強調タイプ)は、1型、2型のどちらにも強く与さない一般的な女性論客や文化人、活動家にその傾向が強い。つまり自身の活動分野が慰安婦や歴史問題ではなく、沖縄の反基地活動家糾弾であったり、たんに「反安倍」「野党」攻撃であったりする場合である。

 女性の着物姿(和装)という基本的には女性しかすることのできない外見的特徴を強調することで、保守ムラの中高年男性の求める「理想の伝統的日本女性」像に寄り添うという、外見的追従行為である。

 この場合、彼女たちの発する言説は保守ムラの中の中高年男性の世界観を完全にトレースしたものであることが多い。しかしながら、「伝統的日本女性」を追求する割に、彼女たちは日本中世において女性棟梁が出現したり、女傑が活躍したりした事実を無視している。

 あくまでこの場合の「理想の伝統的日本女性」とは、日本史における女性の実相ではなく、明治以降の家父長制の中での封建的女性像の外見的模写である。

あわせて読みたい

「杉田水脈」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  4. 4

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。