記事

高収益作物次期作支援交付金をめぐる大混乱

予算委員会理事懇談会が開催され、今日閣議決定された、新型コロナウイルス対策の予備費使用5492億円について、政府から説明を聞き、質疑を行いました。

予備費使用の太宗は、雇用調整助成金の特例措置が12月末まで延びたことへの対応です。一方で休業支援金の執行は極めて低調なまま。この点私から指摘して、改善を求めました。

また今回の予備費使用においては農林水産省所管の経営継続補助金について、申請が予想を上回っているということで、241億円の追加措置となりました。

しかし、私からは、高収益作物次期作支援交付金について指摘しました。

コロナ対策としてこの春から導入されたこの交付金。今全国で募集が行われており、果樹や茶など園芸作物の農家から高い期待が寄せられています。

ただこの交付金、これも申請が予想を上回っており、今週に入って、いきなり農水省から「支給先は減収率が2割減以上の農家とする」という新たなハードルが追加されてきました。

これまではそのようなハードルは示されていませんでしたから、全国では申請作業が進んでいます。農家においては、既にこの交付金のベースとなる、農作業法の改善や研修の実施などに着手して、それにコストをかけているところもあります。

そこに、「減収率2割以上」との新たなハードル。全国の農業の現場に大きな混乱が広がっています。

そうでありながら、今日の予備費使用においては、本件について政府からは全く触れられていませんでした。

そこで私から、「高収益作物次期作支援交付金」について全国で混乱が広がっており、予算が足りないのであれば、むしろこちらを予備費使用先として提案してくるべき」と、政府に指摘しました。政府側はこれを検討するとしています。

現政権の新型コロナウイルス対策全般に言えることですが、現場のニーズ、現状にそぐわない右往左往が目に余ります。国会でしっかりチェックしていかなければなりません。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。